●イカサマな連中から一般の方を守るための最善の方法

おおかたの方は、イカサマな商売をしている同業者(と
呼びたくもないような輩)が一般の人を惑わせて悪徳な
商売をしている話を十度や二十度は聞いた事があるかと
思います。
私だって「どうしようもないホームページを信じられな
いような金額で作ってしまった」先生を何人も知ってお
ります。
「バッカじゃないの。そんなの常識を知らないから引っ
掛かるんだよ」
と、そういうイカサマに引っ掛かる人を切って捨てるの
は簡単ですが、それでは永久にイカサマ商売に引っ掛か
る人は減りません。
 
 
何か少しでもできる事はないかと考えてみましょう。
手がかりになるかもしれない記事を一つ紹介します。
テクノロジーが伝える伝統:「明治神宮2.0」を目指
して (1/2) – ITmedia エンタープライズ

メチャクチャ簡単に要約すれば、1997年に作ったきり8
年間も放置していた明治神宮のホームページを、思い切
り改造して携帯サイトも作っててこ入れしたら、御祈願
を依頼される方は増えるわ、海外から参拝される方も増
えるわ、おおすごい、という話です。
 
 
え、何が関係あるんだ?
イカサマ商売をしている連中は、自分がイカサマだとい
う自覚がありますから、色んな手を駆使してカモを集め
ます。広告や宣伝も惜しみません。
一方、まっとうな仕事をしている人は得てして「いい物
を提供していればお客さんはきっと分かってくれる」と
信じています。広告や宣伝に力を入れるどころか、下手
をすると「広告や宣伝なんて腕の悪い奴がやる事だ」と
軽蔑しています。
かくして、まっとうな商売はお客様を呼べず、イカサマ
商売をしている輩がお客様(カモ)を集めて被害者を激
増させるのです。
それを防ぐには、対抗して「悪徳商人に引っ掛からない
ようにまっとうな知識や情報を発信する」しかありませ
ん。それも、伝えたい相手に伝わるような方法で。
上記のブログ記事から引用すれば、
> 確かに「明治神宮がモバイルサイト!?」っていうと驚
> くけど、例えばITに強いカルト教団が、モバイルサイト
> で若者世代をかっさらう……などという状況の予防線に
> なるかも。
>
> 「私たちはそんなものに手を出すべきではない」から
> 「人々がいる場所に出向いていって、自分たちの魅力を
> 語るべき」という方向に転換して欲しいと思います。
伝えたい情報を伝えたい相手にちゃんと伝える意志と能
力は、たぶん万人に必要なものだと思います。
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
善人が黙っているから悪人がのさばるのです。はい。

商売の考え方

Posted by 新谷貴司