綺麗な写真がホームページの足を引っ張る

「イケてない店舗や自分の写真を載せるのは恥ずかしい」
「従業員が照れて、写真の掲載にいい顔をしてくれない」
「キレイな写真の方が見栄えがするので、ホームページをよく見てもらえるのでは?」
「自社で写真を撮るのは手間が、プロに頼むのは経費がかかる」

などの理由で、有料無料で配布されている写真を掲載しているホームページは少なくありません。

ところが、そのキレイな写真が見積もりや問い合わせ、来店の足を引っ張っているとしたら?

そんな恐ろしい調査結果を最近見つけました。

写真素材はもうたくさん。リアルな写真を載せて反応率アップを図る方法
(リンク先は英語の記事です)

上記の記事によると、とある運送会社が、キレイなイメージ写真を止めて、自社の
従業員や社屋の写真に替えてみました。

すると、どちらに替えた場合も、見積もりの依頼が変更前の 145% に増えたとのこと。

※スタッフの写真と社屋の写真とでは、見積もり依頼の増え方はほぼ同じ。

見積もり依頼が大幅に増えた理由も上記の記事で説明されています。

プロのモデルを使ったキレイな写真は、キレイすぎてリアリティがなく嘘っぽい。

無名な会社やお店の場合、下手をすると「素材集の写真を使ってでっちあげた偽会社かも…」と懸念されかねません。

一方、社屋や従業員の写真はリアリティがあります。言い換えると「こんな写真の会社が実在して、行ったらこういう人が仕事をしてくれるんだ」と想像できます。

あともう一つ、上記の記事には書いてありませんが、ネット上で配布されている写真を使うデメリットがあります。

古いネタですが、同じ女性の同じポーズの写真が別の広告で使われた結果、こんな間抜けなことになりました。

・年収が低くて口が臭い人がんばれ
yaginome.jp/2009/03/14/post_917.html

自社ホームページで使おうとしているその写真が、ほかでどんな風に使われているかは念入りに調べないとわかりません。

仮に誰かが上記の写真を「予想外の出来事に喜んでいる場面」で使っても、
「あ、年収が低くて口が臭い人だ」
と思われる恐れは多々あります。

そうならないためには、他人が撮って配布している写真ではなく、自社で撮った(撮ってもらった)写真を使うのが一番です。

・ご自身のホームページを見直したい方、
・新しくホームページを作りたい方、

見た目のキレイさにとらわれすぎると、かえってお客様の反応が悪くなることがあります。

お気を付けください。

今あるホームページの改善サポートを希望される方はこちらを。

ホームページの作成&リニューアルを希望される方はこちらを。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2017年11月21日ホームページ

Posted by 新谷貴司