3月3~5日は休業します

お問い合わせやご依頼への対応は6日以降となりますのでご了承ください。

地元密着なびメールマガジンはこちら

メール配信でGmailにも届かせるための3つのポイント

WordPressのプラグインでメール配信をする際に、Gmailに届かない問題を解決する方法を3つ紹介しています。送信元メールアドレス・SPFレコード・エラーメール返送先や返信先メールアドレスの変更

WordPressのプラグインに限らず、サーバーにソフトを設置してメール配信をしている方の参考になるご質問と回答を紹介いたします。

WordPressのプラグインを設置して、メール配信ができるようにしました。
しかし、Gmailに送ったメールだけが不着で返ってきてしまいます。
原因が分からないので何とかしてほしいです。

というご要望をいただきました。

同じような事でお困りの方もいらっしゃると思いますので、対処法を紹介しておきます。

WordPress管理画面と同じドメインのメールアドレスを配信元にする

送信元メールアドレスを、普段から使っているYahoo!メールやGmailにしていると、

「送信元メールアドレスのドメイン(@の右側)と、送信元サーバーのドメイン(https:// の後ろ、何とかドットコムの部分)とが違う。怪しい」

となって、スパム扱いされたり送信できなかったりする確率が高くなります。

たとえば、WordPress管理画面のURLが localnavi.biz/wp/wp-admin/ の場合、メールアドレスも hogehoge@localnavi.biz と、同じドメインにしておきましょう。

サーバーと同じドメインのメールアドレスがない、という場合は、サーバーの管理画面でメールアドレスを作ってください。

メールアドレスのドメインにSPFレコードを設定する

SPF(Sender Policy Framework)レコードとは、「このメールは他人の成りすましではありません」というのを証明するための仕組みです。

特にGmailでは、このSPFレコードを設定していないメールアドレスが届かない事例が続発しています。

そこで、SPFレコードの設定も行いましょう。手順は、ドメインを管理している会社によって違います。

・ムームードメイン:

・さくらインターネット:

・エックスサーバー:

※ただし、エックスサーバーではドメイン追加時に自動でSPFレコードを追加してくれます。
長年エックスサーバーでドメインを運用している方のみチェックしてみてください。

ドメインを管理している会社が分からない場合は、ホームページを管理している人・会社にお尋ねください。

エラーメール返送先や返信先メールアドレスも変更しておく

送信元メールアドレスを、WordPressのドメインと同じメールアドレスに変更して「さあ解決した」と思ったら、なぜかGmailには送信できないままでした。

エラーメールを転送してもらったところ、そこには

SPF [yahoo.co.jp] with ip: [133.167.8.74] = did not pass

これは、「SPFレコードがYahoo!メールなのに、送信元はさくらインターネットだから送れません」と書いてあります。

そこで、プラグインの設定画面で、エラーメール返送先や返信先メールアドレス欄も送信元メールアドレスと同じに書き換えました。

それから送信テストをしたところ、ようやくGmailにもメール配信ができるようになります。

以上が、WordPressのプラグインでメール配信をする際に、Gmailに届かない問題を解決する方法です。

 

ここまで書いた作業内容を代行してほしいという方は、下記フォーム・LINE公式アカウントからお問い合わせください。

必要な作業や費用などを見積もって回答いたします。

ネットのルール・常識

Posted by 新谷貴司