●以心伝心は幻想。気持ちはきちんと言葉に表しましょう

2月14日・バレンタインデーに、妻からチョコレートと
一緒に手紙を一通送られました。内容を書き出すような
野暮な事はいたしませんが、たぶん一人で読んだら泣い
ていたような文面です。
ええかっこしぃなので、妻の前では我慢しましたが。
さて、感動させられっ放しだとすっきりしないので、こ
ちらも逆襲をしようと、3月14日・ホワイトデーに、妻
あてのお菓子と共に手紙を一通送りました。
もちろんこちらの内容も書き出す気はありません。野暮
とか何とか以前にこっぱずかしいですから。そして見事
に逆襲には成功いたしました。
 
 
お互い、普段から口にしている事とそうかけ離れた事を
書いたわけでもないのですが、それでもあらためて文章
にしたためると、アピール力はずいぶんと違うものです。
まして、心の中で思ってはいても口にする事がないので
あれば、「以心伝心」などという甘い幻想を抱くのは非
常に危険です。
分かっていても「言葉で表現してもらいたい」というの
が人の性でありますから。
「言わなくても分かるだろ」
「分かる訳ないだろ」
うちの中でも仕事場でもそんなものではないでしょうか?
たとえばスタッフの方のやる気をアップするには、給料
を上げる事よりもこまめに感謝やねぎらいの言葉をかけ
る事の方がはるかに効果的です。
言質を取られるとまずい事とケンカを売るような事以外
は、できるだけはっきり表現した方がお互い幸せになれ
ます。
言った方がいい事や書いた方がいい事は積極的に表現し
ましょう。最初は気恥ずかしくてもすぐ慣れますから。
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
言葉にしなくても伝わるかもしれませんが、言葉(でき
れば文字)にした方が間違いなく相手に伝わります。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

接客

Posted by 新谷貴司