1.自分にとって操作画面が扱いやすいかどうか?

「自社のホームページを作ろう」と思い立った時に、ブラウザ上で文章や写真を投稿するだけでホームページが作れるサービスを使う方も多くいらっしゃいます。

たとえば、Jimdo(ジンドゥー)Wix(ウィックス)ペライチAmeba Ownd(アメーバオウンド)のようなサービスがあります。

その一方で、上記のサービスを試してみた後に当会にホームページ制作を依頼される方もいらっしゃいます。

そういった方から伺ったご意見から「既存のウェブサービスでホームページを作る場合の注意点」をいくつか挙げていきます。

1.自分が使ってみて簡単かどうか

どのサービスも、ホームページに使う画像や動画、段落などをドラッグ&ドロップで追加していくようになっています。

最近の流行のようで、世界一多く使われているホームページ制作ソフトのWordPressも今はこうなっています。

段落などがレゴブロックみたくパーツになっているので、入れ替えや追加・削除が直感的にできて便利ではあります。

ですが、元々ホームページビルダーを使っていたりブログに慣れていたりする人には、扱い方が違いすぎて逆に取っ付きにくい面もあるようです。

また、「色々とパーツが選べる=色々ありすぎて分かりにくい」という面もあります。

同じ操作画面を触っていても、「扱いやすい」と思うか「わかりにくい」と思うかは人それぞれ。

ですので、ご自身で触ってみて「自分にとって見やすい・扱いやすい操作画面かどうか」をチェックしましょう。

このノウハウ・サービスを紹介する記事


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2019年6月15日WebサービスでHPを作る際の注意点

Posted by 新谷貴司