新型コロナ対策に問診票などの事前記入を

新型コロナの感染者数が、東京や大阪をはじめ、各地でまた増えてきています。

前回の記事では「ご自身の施術院・事務所などでのコロナ対策をアピールしましょう」と書きました。

今回は、お客様の滞在時間を減らして、院・事務所などをクラスターにしないための新型コロナ対策のご提案です。

 

院内・事務所内での感染を防ぐためには、

  • 定期的な換気
  • 定期的な清掃や消毒
  • マスクや受付の透明ビニールシート
  • 使い捨ての衛生用品
  • スタッフおよびお客様の検温

などの設備面での対策に加えて、

  • 一度に来られるお客様の人数の制限
  • お客様の滞在する時間の短縮
  • お客様が手に触れるものを少なく

といった仕組み面で、対策が必要です。

これは、お客様の感染予防だけではなく、クラスターにならない場所にすることにもつながります。

また、そういった対策を地道に行なうことで「コロナに感染したらどうしよう…」というお客様の不安の軽減にもなるでしょう。

 

form2pdf仕組み面での対策についてですが、お越しになってから、問診票やカルテ、アンケートなどを記入していただくこと等、室内でお客様とやりとりすることは多くあります。

これらを当日その場で書くと、お客様の滞在時間と手に触れるものが増えます。

これを事前にご自宅で済ませていただければ、来訪されてすぐ診断・面談が可能です。

飛び込みの場合でも、その場でお客様のスマホからご記入いただければ、お客様が室内で手に触れるものは減らせます。

手持ちのスマホで問診票を書いていただくことで、クリップボードやペンを毎回消毒する手間が減り、感染対策にもなります。

 

「なるほど、言いたいことはわかった。しかし、今まで紙で管理していたものを、電子データでの管理に変えるのは手間だ」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そういう方のために当会で開発したのが、Webでカルテを記入→PDFで届くシステムです。

大まかな仕組みを説明いたします。

  1. お客様が事前にパソコンやタブレット・スマホで問診票(やアンケート用紙)を書く
  2. 院・事務所にはPDFファイルで回答が届く
  3. 印刷して、面談や施術などに利用する
  4. 問診票をファイリングする

添付するPDFファイルの書式は、これまで使っておられた問診票と、できる限り似たものにいたします。

お申込の後に、現在お使いの問診票などをメールでお送りください。ワード文書が一番ありがたいですが、PDFやスキャナ画像・写真でも対処します。

 

「問診票を事前に書いてもらえると助かるが、予約の時に記入項目が多すぎると、途中で離脱すると聞いたことがある。大丈夫かな?」

項目が多いと途中で面倒になるのは事実です。
予約の時はいつものようにしていただきます。

Webでカルテや問診票をお客様にご入力いただくタイミングは「予約確定のメール(やLINE)を送る時」がベストです。

その時に、

新型コロナ感染予防のため、滞在時間を減らす取り組みの1つとして、事前にカルテ(問診票・アンケート)のご記入をお願いしています。
お手数をおかけいたしますが、ご訪問時までに下記のアドレスより入力をお願いいたします。

と案内されるのが良いかと思います。

 

Webでカルテを記入→PDFで届くシステムには

  • お客様が滞在する時間を減らせる
  • ほかの方と一緒に待合室にいる時間を減らせる
  • お客様が備品(鉛筆、紙、バインダーなど)を手にする際の不安を減らせる
  • 備品の消毒の手間を減らせる

といった新型コロナ対策だけでなく、

  • お客様がご都合のよい時間帯にじっくり考えて記入できる
  • 読みにくい手書き文字に悩まされずに済む
  • エクセルで編集できるCSVファイルで回答の一覧をまとめてチェックできる

といったメリットもございます。

お客様に少しでも不安を軽減して、安心してお越しいただけるように、ぜひともこの機会にご検討ください。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)