シェア16%・Bingの地図検索に自社情報を

「地図で近所のお店を探す」というと、GoogleマップやYahoo!マップ、iPhoneのマップアプリが思い浮かびます。

そしてもう一つ、マイクロソフトの検索エンジン・Bing にも地図検索の機能があって、近所のお店を調べることができます。

下記ページによると、Bing のパソコンでの検索シェアは、2022年11月の時点で16%ほどあります。

16%ということは、パソコンを使う人6人に1人がBingで検索していることになります。

ちなみに、Yahoo の検索シェアが10%ほどですので、Bing のシェアは意外と高い数字です。

Bing を使う人が多い理由は、Windows に初めから入っているブラウザがEdgeで、Edge で検索をすると自動的に Bing で検索されるためだと考えられます。

つまりパソコンを買って特に新しいブラウザをインストールしたり、設定を変えようとしなければ、Bing 検索を使うことになるわけです。

そして、Bing の利用者には高齢層が比較的多いと見られています。

そもそも若い世代より高齢層の方が人口が多いので、高齢層にもアピールしたい場合、Bing を無視するわけにはいきません。

Bing にも Googleビジネスプロフィールのようなサービスがありますので、登録しておきましょう。

Googleマップ上位表示ノウハウ2023年版が、ようやく完成しました。

今回のアップデートでは、以下の項目を編集・追加いたしました。

  • 管理画面が完全に変わったため説明を変更
  • 見出しを見やすくしました
  • SNSで屋号社名をシェアしてもらう方策を追加
  • Bing Place for Businessの登録方法を追加

Googleをはじめ、Yahoo!マップ・iPhoneのマップアプリ・Bingマップでご近所の人にアピールしたい方はぜひご検討ください。

Googleマップ上位表示ノウハウの2023年版が完成しましたので、2023年1月1日に現在の価格:28,600円から

 新価格:33,000円

に値上げいたします。

ただし、値上げ前に当ノウハウをお求めいただいた方には、追加料金なしで改訂版をお送りいたします

よろしければ今のうちにお申込ください。

また、当ノウハウについてのご質問や、Googleマップなどに関するご質問がございましたら、お問い合わせフォーム・LINE公式アカウントからご依頼ください。