このご時世、とことんホームページを活用しましょう

ホームページてこ入れメールセミナーを受講され、携帯
用ホームページ作成ご依頼をいただいた茨城県のK先生
から、次のようなご報告をいただきました。

平素はお世話になっております。茨城県のKと申します。
>
> お陰様で毎日平均1名の新患が来るようになりました。
> 最近は、来院者の8割はホームページ経由、もしくはそ
> れらの方々からの紹介者です。
>
> ご指導を感謝しております。

こと「興味や関心を持っている人を呼び込む」という点
では、ホームページに勝る集客媒体はありません。

たとえばチラシの場合ですと、自分でご近所の郵便受け
に投函して回るにしても、新聞に折り込むにしても、ほ
とんどは「あなたの商品やサービスに興味も関心もない」
方の手に届いてしまいます。

※その一方で、ご近所にくまなくアピールできる、イン
ターネットを使わない層にもアピールできるというメリ
ットもあります。

新聞・雑誌・フリーペーパー広告にしてもそうです。基
本的には記事を読みたいのであって、記事はどうでも良
いから広告を見たいという方は少ないでしょう。

世の中には「新聞からムダな広告をなくして、紙代が節
約できる分だけ新聞代を安くしてくれ」というムチャク
チャなことを言う人がいるくらいですから。

しかし、ホームページの場合は「自分が知りたいことを
ヤフーやグーグルで検索した結果」あなたのホームペー
ジに辿り着きます。

つまり、まったく興味がないのにあなたのホームページ
が目に付いた、という事は(変な検索語で上位に出てい
たという場合もありますが)あまり考えられません。

ホームページを集客に活用し倒すには、まずは「うちに
来るお客様はどんな言葉で検索するだろうか?」という
のを洗い出して、その言葉でヤフーやグーグルの上位に
出ることがメチャクチャ大事です。

あとは、ホームページまで辿り着いた人をいかに「その
気にさせるか」、また逆に「来ない方が良さそうな人に
お引き取りいただくか」がキモになります。

当会では、そのためのお手伝いをいたしております。
すでにあるホームページをフルに活用したい方
・ホームページを自力で作りたい方
パソコン用ホームページを作ってほしい方

◆シンプルすぎる要約◆
このご時世、安上がりで、興味がある人を集められるホ
ームページを生かさない手はありません。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2009年1月19日ホームページ

Posted by 新谷貴司