その「新しい商品やサービス」いきなり投入して大丈夫ですか?

牛丼チェーンの最大手・すき家で「謎の一時閉店」が増えている
という話題がここ数日で広まっております。
何事かと思って調べてみると、バイト・パート・社員があちこちで
辞めまくっているのだそうです。
・牛丼「すき家」店舗が次々と『人手不足閉店』

事の起こりは、同業の吉野家が2013年12月に投入した「牛すき鍋」。
鍋の効果で牛丼戦争にやられっぱなしだった吉野家が盛り返します。
・牛丼・吉野家、「鍋効果」で一歩抜け出す すき家の「安売り」通じず…

その吉野家に対抗して、2014年2月14日にすき家が3種類の鍋を
始めたのですが…。
・すき家が人員不足で一時閉店しまくってるらしい

> ・ヤバいのが仕込み。うどん、焼き豆腐、野菜、肉、牛脂を
> それぞれ仕込んでそれをジップロックに入れるんだがこれが
> クソめんどい。塩ダレの比じゃない
>
> ・チーズカレー鍋はこびりつきが必ずあるからスポンジの荒い
> 部分で一枚一枚ゴシゴシ洗いが必要でこれまためんどい
という過剰労働を強いられたところに、
・年度末で学生バイトが卒業で辞める
・景気が多少良くなって、すき家を辞めても仕事がある
ということで、各地の店舗でアルバイトやパートがどんどん
辞めてしまった模様です。
すき家は労働環境では悪い話題を提供していることで有名ですが、
ここでは違う観点から考えてみたいと思います。
※気になる方は「すき家 残業代」「すき家 強盗」で検索を。
先に引用したように、アルバイトやパートが続々と辞めてしまった
きっかけは「鍋の仕込みがとんでもなく面倒くさい」ことです。
そして、
> 吉野家は鍋でバイトが大量に逃げ出したから時給上げたらしい
という書込もあります。
どちらも牛丼屋ですから、「牛丼をいかに早く適確に提供するか」
を中心に業務が組まれているはずです。
そこに、牛丼とは似ても似つかぬ仕込み・給仕・後片付けが必要な
「牛●●鍋」を投入したら現場は混乱するに決まっています。
> 鍋も一応実験店舗はあったんだし、その時も当然今みたいな惨状
> だったそうだが、それを踏まえて、特に改良も無く全国展開した
私たちが新しい商品やサービスを導入する時は、まかり間違っても
「問題点を一切無視する」真似はしないよう肝に銘じたいです。
スタッフに任せる場合はまだしも、自分1人で始める場合は特に。
自営業者の場合、やるのが自分だと思うとその辺の吟味が甘く
なりがちですので。たとえば私とか(血涙)
 
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

商売の考え方

Posted by 新谷貴司