コロナ陰謀論めいた記事を載せると検索順位が落ちる?

6月3日に、Google検索のコアアップデートが始まり、12日に終了しました。

ご自身のホームページの検索順位が、今月に入ってから大きく変わっていないかどうか、気になる方はチェックしてみてください。

なお、お客様のGoogle経由のアクセスを調べた限りでは、今回のアップデートで悪影響を受けたサイトは少なそうです。

 

Googleは健康・お金関連の正確さを重視

今回のコアアップデートについて調べていると、反コロナワクチンの記事を掲載する病院のホームページで順位が下落したという情報がありました。

Googleは、2017年頃から健康・お金に関する情報(YMYL:Your Money or Your Life)は、より正確な記事が出るように様々な方策を採っています。

健康・お金関連の情報で正確さを重視するようになったのは、2016年秋頃に大事件が起こったからです。


事の始まりは、Googleで
「死にたい」
と検索すると、健康情報サイト・WELQの

死にたいと思う人の深層心理とは何か?
→死にたいと思う人は承認欲求が強い
 →自己承認欲求が強い人は自己分析を
  →転職サイトの無料診断へGo!

というメチャクチャな記事が1位に出ると話題になったのが事の始まりです。

 

そこから、WELQだけでなく各社の健康情報サイトでデタラメな記事の粗製濫造が横行していることが判明。

一例を挙げると、こんな有り様でした。

「肩こりの原因は動物霊のせい」
「パラレルワールドへの行き方と体験談」
「風邪には家系ラーメンが効く」
「吉野家のご飯にはアレルギー物質」
※米アレルギーは実在しますが、吉野家の問題ではありません。

 

さらには、医師監修の記事のみを載せているという触れ込みのサイトでも、医師から
「私の名前が勝手に使われている」
という告発が起こるなど、いい加減な健康情報を発信するホームページが大問題になりました。


この頃から今に至るまでずっと、Googleは「信用度の高い医療情報」を上位に出すための試行錯誤を続けています。

 

コロナ陰謀論めいた記事の取り扱い

かなり極端な例ですが、コロナ陰謀論のキーフレーズの1つ
「ワクチンを軍人ら50万人に接種」
で検索した結果が、BingとGoogleとで全く違っています。

・Bingの検索結果
www.localnavi.biz/item/corona-bing/

・Googleの検索結果
www.localnavi.biz/item/corona-google/

Bingの検索結果にはトップに出ている陰謀論ブログが、Googleの検索結果ではまったく見当たりません。

 

上記のような完全な陰謀論でなくとも、
「コロナはただの風邪です」
という文で検索した結果も、Bingでは肯定的な記事が出るのに、Googleでは見当たりません。

・「コロナはただの風邪です」Bingの検索結果
www.localnavi.biz/item/kaze-bing/

・「コロナはただの風邪です」Googleの検索結果
www.localnavi.biz/item/kaze-google/

 

なお、「コロナはただの風邪です」という記事をブログに書いている医院のHPは、
 ○○市 ××科
で検索すると1ページ目に出ます。

ということは、公衆衛生に悪影響を及ぼしかねない記事は検索結果から排除していますが、これはあくまで「ページ単位」での措置のようです。

問題のある(とGoogleが判断した)ページがあるからといって、ホームページ全体が問題だとは判断しないと考えて良さそうです。

※問題のあるページが多いと別でしょうが。

 

SEOについては、本当かどうか判断しにくい情報が乱れ飛んでいます。

困ったことには、かつては本当だったけれど、Googleの仕組みが変わって今は役に立たなくなった情報もあります。

現状に合った正しい情報を元にSEO施策を行なえば上位表示が見込めます。

しかし古い情報や間違った情報を当てにすると、検索順位が上がるどころか急落しかねません。

検索順位が落ちないように、また、落ちた方をサポートするために、当会では短期集中・SEOブートキャンプを用意しています。

  • ある日突然、検索順位が落ちた
  • HPを作ったが検索結果に全く表示されない
  • 社名や屋号で検索しても上位に出ない
  • 自分でSEO対策をしたが効果が上がらない

といった方にオススメいたします。

「いきなり申し込むのは不安だ」
「うちのHPも検索順位を上げられるのか?」

という不安をお持ちの方は、ご質問をお寄せいただければ、チェックをした上で
「改善できそうかどうか」
を返信いたします。

このメルマガへのご返信または、下記のフォーム、LINEからお問い合わせください。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2021年6月21日検索エンジン対策

Posted by 新谷貴司