スマホでの自社HP表示が遅くなる理由は?

パソコンやスマホでホームページを見ていて

「ホームページの画面表示が遅い」
「なかなかスクロールできるようにならない」

と思うことが、ままあります。

真っ白なままで一向にページが出てこないこともあれば、ページが表示されているのにスクロールできないことも。

ページが表示されないのは、ページが表示される前にJavaScriptやスタイルシートを読み込むのが原因であることが多いです。

ページが表示されているのにスクロールできないのは、後で読み込まれるJavaScriptがいくつもある場合がまず挙げられます。

また、ソーシャルアイコン、Googleマップ、Facebookのページプラグインなどを多用している場合にも見られます。

こういう読み込みが遅いページにアクセスした時にはイライラします。その不快感は、ほかのページがサクサク表示されるほど強くなります。

どこのホームページも表示が遅ければ、そんなもんだと思ってもらえるのですが…。

これらへの対策は

  • 読み込むファイルの数を減らす。
  • なくても困らないものを削除する。
  • プラグインなどで読み込みを遅らせる

などがあります。

なお、自分の感覚は基本あてになりません。Googleが提供している表示速度を図るページで調べてみましょう。

50点を切っていたら改善した方が良いでしょう。

・PageSpeed Insights
developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=JA

ホームページの表示速度を上げたい方は、ぜひご相談ください。

www.localnavi.biz/sp/psisupport.html

◆シンプルすぎる要約◆

ページの表示速度が遅いのを改善する作業は自力では難しいです。

どこをどう触って良いかの判断が至難なためですので、ご相談いただければ幸いです。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2019年8月22日スマートフォン関連

Posted by 新谷貴司