いきなり色々と手を出さずに1つの事をミッチリやる

先週末に某スポーツ用品店が主催するウォーキング講座
に(性懲りもなく)行ってきました。
学生時代から「お前の歩き方は独特すぎるから、100メー
トル離れていても分かる」と言われていました。
妻には「腰に負担がかかっていそうな歩き方だ」とも指
摘されていたので、その辺を何とか矯正したいと思って
いるのです。
 
 
そう思って過去に2度、別々のウォーキング講習会に参
加した事があります。1つ目は元モデルさんで普段は女
性向けのウォーキング講座を開いている方のもの。2つ
目は整体院の先生が主催されているもの。
どちらも足の動かし方やら何やらかんやらと色々な事を
2時間ほどかけてミッチリと教わりました。
そしてその時にはまともな(=周りから見て違和感がな
い)歩き方になるのですが、数週間もすると元に戻って
しまいます。
矯正したはずの歩き方が元に戻ってしまったと自覚した
頃には、歩き方のコツや注意点はもう思い出せません。
「ああ、どうしよう?」
 
 
しかし、今度は大丈夫のような気がします。たぶん。
なぜかというと、今回のウォーキング講習会で教わった
のは、実質ただ1つ「足を前に出す時には同じ側の腕を
外向きにねじりましょう」だけだからです。
講習会ではこれだけを2時間ミッチリとやったのです。
これしかやってないのに忘れろという方が無理です。
本当は講師の方が他の事も言っておられたのですが、
「とりあえず足を前に出す時には同じ側の腕をねじると
いう事だけ注意してください」
「他の事はそれが身に付いてから思い出してください」
と、まるで「あしたのジョーのジャブ」みたく同じこと
ばかり練習しました。
 
 
セミナーやら講習会やらで色んな事を教わると、
「うーん、色々教えてもらって得したな」
という気分になりますが、実際には教わった色々な事は
たぶん何一つとして身に付かずに終わってしまいます。
私にも身に覚えがいっぱいあります。大枚はたいてセミ
ナーや講習会にでかけたのに、
>ああいいこときいたなー
で何も身に付かずに終わった事が何度あるか。
そして、こういう事は「教える側」に回った時にもキッ
チリとやってしまいます。情報やノウハウを出し惜しみ
したらいけないんじゃないかと恐れて、情報を出し過ぎ
てしまうのです。
教わる側にはちっとも身に付いてないのに。
というわけで、
・学ぶ時は欲張りすぎずに基本をミッチリ身に付ける。
・教える時も本当に大切な基礎を身に付けてもらう。
よう気を付けましょう。
…例によって例のごとく自戒を込めて。
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
色んな事を一気に覚えられるほど人は賢くないです。
たまには例外もいるかもしれませんが、しょせん例外。

商売の考え方

Posted by 新谷貴司