患者様の頭の中に印象を残すには?

●エピソード1:
この間、区役所に自転車こいで出かけて、その帰りにな
かなか雰囲気の良さげなラーメン屋さんがありました。
「お、なかなかいい感じ。どんなラーメンを食わせてく
れるのかなぁ?」
と思って近付いてみてみると…
醤油ラーメンとか味噌ラーメンとかがあるのはわかった
のですが、品名と値段だけしか書いてないのです。
「食べてみたい」という気にまったくならなかったので、
食べずに立ち去ってしまいました。
●エピソード2:
で、今日は今日とてお昼前にちょっと自転車をこいで出
かけておりました。用事が済んだら12時になっていたの
で、お昼でも食べようかと思って…
「そういえばこの前、雑誌に『宮崎ラーメン』ってのが
載ってたな。確かこの辺にあるはずだし、行ってみるか」
ということで、行ってみました。
●考察:
エピソード1の場合、たとえば「グルメ雑誌の記事の切
り抜き」なんかが貼ってあれば、かなり高い確率で食べ
に入ったと思います。
そうでなくても、「うちはこんなラーメンを作ってます」
というこだわりが書いてあっても、恐らく食べに入った
ことでしょう。
つまり、
・商品名
・写真
・値段
だけでは見込み客を店内に引きずり込むことはできない
のです。もっと店の前を通りかかった人の心を鷲づかみ
にするような「何か」が必要なんです。
で、エピソード2の場合、ラーメン屋なんてグルメ雑誌
に限らず地元誌にはいつでも載ってると言って過言では
ありません。無難なネタですから。
その中で読者の記憶にとどめてもらおうと思ったら、
「ほかのラーメン屋とは違う点」を端的に表現しないと
いけません。
この場合ですと、「宮崎ラーメン」というのがポイント
になります。九州でも「博多ラーメン」だとか「長浜ラ
ーメン」なら誰でも知ってます。あと、京都には熊本ラ
ーメンのお店(味千、桂花ラーメン)もあります。
でも、宮崎ラーメン? 聞いたことないぞ?
というわけで、あっさりと私の脳内にこびり付いてしま
いました。
ある程度の患者さんがいらっしゃるなら、口コミ・紹介
オンリーでも十分にやっていけるでしょうが、開業して
間がないなどの理由で口コミや紹介が当てにならないな
ら、まずは「口コミをしてくれる患者さん」を増やさな
いといけません。
来ていただいて施術を受けていただかないと、口コミを
してもらいようがありませんから。
※ちなみに宮崎ラーメンのお店は定休日でした。残念。


お問い合わせはこのフォームからお気軽にどうぞ

LINE公式アカウントからのお問い合わせも承ります。

社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

広告・宣伝

Posted by 新谷貴司