●ホームページをテキトーに作ってもお客様は来ません

新聞の折込チラシを作る事にしたとしましょう。
チラシにどんな事を載せるか、というのはじっくり考え
るかと思います。少なくとも、
・お子さんやペットの写真
・個人的に気に入った本の紹介文
・自分の趣味に関する雑文
を意味もなくチラシに載せることはまず有り得ません。
ところが、ホームページになるとなぜか、趣味のホーム
ページではなく業務用のホームページだというのに、
・お子さんやペットの写真
・個人的に気に入った本の紹介文
・自分の趣味に関する雑文
が本業の紹介よりも目立っているなんて珍しくもありま
せん。それどころか、
・いきなり音楽は鳴り出して止められないわ
・訳の分からん動画を最初に大画面で見せられるわ
・あっちこっちでチョコチョコ絵が動き回るわ
・どこに何が書いてあるのか理解できないわ
どう考えてもホームページを見た人をうんざりさせたい
としか思えないような凄まじいホームページが山ほどあ
ります。
それで「ホームページなんか作っても、うちの業種では
お客さんは来ないよ」と周りに言っているのです。
…それ、業種の問題じゃありませんから。
学習塾に行っても遊んでばかりで勉強してないくせに、
「あそこの塾に通ってもぜんぜん成績が上がらない」と
言っている子供と同じです。
・検索エンジンなどから見込み客を集められない
・せっかくアクセスしてくれた人を追い返す
そんなホームページを作っているご自身が悪いのです。
ホームページなんて役に立たないと諦める前に、まずは
「余計なことを掲載していないか?」
「必要なことを掲載しているか?」
この2点をチェックしてみてください。
何が必要で何が不要か分からない、という方。
下手に同業他社のホームページを見ると、知識が邪魔を
してお客さんの目線で判断できなくなります。ご自身が
興味を持っている別の業種のホームページをヤフーで検
索して、いくつか見て回ってみてください。
それで行ってみたくなるホームページには、一体どんな
事をどんな風に載せているかをチェックしてみましょう。
…え、もっと手っ取り早く「お客様を呼べるホームペー
ジ」にしたい?
ならこちらをどうぞ。満足保障付きです。
SEOだけじゃダメ!お客様をお店に呼ぶための
 ホームページてこ入れメールセミナー

 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
「余計なものを載せて」「必要なものを載せない」ホー
ムページでは見込み客を集めることなんかできません。
自分自身の興味を惹くようなホームページを探して研究
しましょう。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2007年11月30日広告・宣伝

Posted by 新谷貴司