自分の意識が変わると周りの世界が変わる件

「いらない物を捨てよう」と思うと急激にゴミが増えてしまう。
そんな経験はお有りでしょうか?

先月の頭に引越をすべく、延々と必要なものを梱包しつつ、必要ないものをゴミ袋に突っ込んでおりました。

今まで数年間ずっと「これは必要だろう」と思って貯め込んでいたものでも、いざ

引越前にできるだけ新居に持っていく荷物を減らそう

という意識でチェックするとゴミの山に化けてしまいます。

「ここ数年、この資料は一度も見返さなかったな」
「WindowsXPのインストールCDって…いらないし」
「は? Windows2000のインストールCD、なんであるの?」
「このセミナーCDは二度と聞かないと思う」
「5年前の健康診断の結果とか今さら出て来てもなぁ」
「アドワーズ広告のクーポン、期限が2年前に切れてる」

…意識の問題というか、貯め込んでいた物のチェックをまともにしてなかっただけかもしれません。

しかし、「必要かもしれない」と思って何となく貯め込んでものが、「いや、必要ないだろ」と思うとゴミになってしまうのと似たような現象はあるものです。

・お腹が空くと、やたら食べ物屋さんの看板や広告が目に付く。
・子供がほしくなると、妊婦さんや幼子連れの家族が目に付く。

ほかにも色々あるでしょう。

何も楽しい事がないのではなく、楽しい事に気が付かない。
売上アップの手がかりがないのではなく、手がかりに気付いていない。
新しいお客様がいないのではなく、見込み客の存在が見えていない。

…で、どうやって気付けばいいのか?

いつもと同じ事を同じようにやっていたら、同じような意識のままですので、普段は行かない場所に出掛けるのも一案です。

ちょっと遠くまで散歩したり、サイクリングやドライブをするのがオススメです。

あるいは、普段しない事をするのも、脳みその違う部分を刺激して、思わぬアイデアが降ってくるかもしれません。

ぜひお試しください。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2014年7月14日商売の考え方

Posted by 新谷貴司