キャッシュレス・消費者還元事業の次はマイナポイント事業に備えましょう

キャッシュレス・消費者還元事業が6月末で予定通りに終了します。

これでキャッシュレス決済はあまり
使われなくなるのかな?

と思っていたら、今度はこんな制度が用意されていました。

mainapoint上記ホームページによると、消費の活性化、マイナンバーカードの普及とキャッシュレス決済の普及を目的とする事業とのことです。

こんな感じの手順で、マイナポイントを獲得・使用できるようになります。

  1. マイナンバーカードを申請・取得する。
    (だいたい1ヶ月くらいかかります)
  2. マイナンバーカードを使ってマイナポイントを予約する。
  3. 好きなキャッシュレス決済にマイナポイントを紐付ける。
  4. 最大5,000円分のポイントがもらえるので、2020年9月から2021年3月末までに使う。

そして、下記ページを見ると、PayPayなどのQR決済、クレジットカード、電子マネー、プリペイドカードなど主立った決済会社はマイナポイント事業に登録しています。

マイナポイントで手に入ったポイントは、どこかで使う必要があります。

お客様にポイントを使用していただけるように、少なくともこの事業が終わる2021年3月末まで、キャッシュレス決済を使えるようにしておいてはいかがでしょうか?

ちなみに、マイナンバーカードは年齢や国籍にかかわらず日本国内で住民登録をしている全ての人が申し込めます。

オンライン申請をすれば発行手続には一切の費用がかかりません。

家族全員のマイナンバーカードを作って、それぞれがキャッシュレス決済に紐付ければ 最大で5,000円×人数分のポイントが手に入る事になります。

無理押しをする気はありませんが、気が向く方はカードを作って、マイナポイントに予約しておいてはいかがでしょうか?

おそらく、ギリギリになるとマイナンバーカードの作成もマイナポイントの予約も混雑が予想されますので、早めに手続をされた方が良いです。

特にマイナンバーカードの申込がまだの方は6月中にしておかれる事をオススメします。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2020年6月19日お知らせなど

Posted by 新谷貴司