貴方が専門家だとGoogleに伝わってますか

無料メルマガの配信申込フォーム

ご氏名 (必須)
メールアドレス (必須)

このメルマガをお読みの方は基本的に専門家
だと思いますが、SEO(検索エンジン対策)
では、

> Googleが専門家だと認めてくれるか?

が重要です。


たとえば、

・看板に屋号と電話番号しか書いてない
・広告にもまともな自己紹介が書いてない
・SNSでもまともな自己紹介が(略)
・ホームページにもまともな(略)
・Googleマイビジネスにも(略)

専門家が近所に住んでいたとして、私たちが
その専門家のことを知るのはまず無理です。

 

Googleはネット上で公開されている情報しか
参考にできません。

ご自身や他の方のホームページ・ブログ・
SNSなどで「○○さんは××の専門家だ」と
いう紹介がされていなければ

「○○さんは××の専門家ではないんだな」

となって「××がらみの検索語」での順位が
振るわなくなります。

 

専門用語だと「E-A-T」といいまして、

・E(Expertise:専門性)
・A(Authoritativeness:権威性)
・T(Trustworthiness:信頼性)

の3つが、自分の専門分野でのSEOには必要
です。

 

で、何をどうすればいいの?


まずは自社ホームページのすべてのページ、
本文の下あたりに

・著者名(=自分の名前)

を載せて、さらに

・経歴や業績、記事リンクを載せたページ

へのリンクを貼るのが、すぐできる対策です。

 

便利なようにHTMLタグを載せておきます。

<div itemscope itemtype=”http://schema.org/Person”>
<a href=”▼▼” itemprop=”url”>
<span itemprop=”name”>●●</span></a>
</div>

これをコピー&ペーストしてから、

・▼▼:自己紹介ページのURL
・●●:お名前

に書き換えてご使用ください。

 

ただし自称だけだと説得力が弱いですので、
同業者やお客様にも紹介してもらいましょう。

ホームページのリンクは貼ってもらえるに
越したことはないですが、なくて構いません。

なくても十二分に意味があります。専門家
として紹介されることが何より大事です。

 

自分を紹介してもらえるようお願いをする
には多少の図太さが求められます。

「断わられたら、嫌われたらどうしよう」

と思うと頼めませんので、

「最低限、失礼ではない文面は考えた。
断わったり無視したりする人もいるだろうが
たぶん何人かは紹介してくれるだろう」

と割り切ってください。

 

あと、同業の方がホームページやブログから
リンクを貼って紹介したくなるようなネタが
あれば非常に良いです。


・色々なデータ
・FAQ(よくある質問)
・便利なツール
・テスト内容とその結果


ぜひやってみてください。


※参照:GoogleアルゴリズムでE-A-Tは重要
な要素。E-A-Tを高めるための実践的Tipsとは?
webtan.impress.co.jp/e/2019/09/11/33750
 
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆

このホームページを書いてる人は●●の
専門家ですよ、とGoogleにアピールするのは
重要です。

やり方が分からん、という方は設定代行も
検討いたしますのでご相談ください。


お問い合わせはこのフォームからお気軽にどうぞ

社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

検索エンジン対策

Posted by 新谷貴司