3月3~5日は休業します

お問い合わせやご依頼への対応は6日以降となりますのでご了承ください。

地元密着なびメールマガジンはこちら

非SSLページに【保護されていません】が!

Google Chromeの最新版では、SSL化していないページに【保護されていません】と表示されるようになります。まだSSL化をしていない場合は、今の機会にぜひ済ませておきましょう。レンタルサーバーによっては低コストでSSL化が可能です。作業は先着順なのでお早めにお申し込みください。

シェア3割のGoogle Chromeブラウザで、SSL化
していないページに【保護されていません】
と表示される日が迫っています。
Googleの発表では「7月24日(火)」とのこと。
最新版ブラウザのテスト版を手に入れたので、
どんな感じになるか見てみました。
Googleで「奈良県」と検索すると、アドレス欄
には【保護された通信】と出ます。

そして奈良県ホームページにアクセスします。

ページがまともに表示されないうちから
アドレス欄には【保護されていません】という
メッセージが表示されています。
一方、現行のGoogle Chromeでは、ページが
全部読込まれてても、

アドレス欄に表示されるのは (i) です。
この違いをどう判断されるかは人それぞれ
ですが、不安に思う人は今までより増える
でしょう。
まだSSL化を済ませていないホームページは、
今の機会にぜひ済ませておかれることを
オススメいたします。
レンタルサーバーによっては無料または年額
1,000円台でSSL化を行えます。
ただし、そのほかにあれこれとすべきことが
あります。
1.ホームページ内の画像や外部ファイル
などを「https:// 」に書き換え。
2.元々のアドレス http://example.com/ に
アクセスされたら、SSL化されたアドレスに
自動転送されるように設定。(特にさくら
インターネットでは、ここがうまく行かない
事態が多発しています)
3.ホームページのアドレスが https://example.com/
に変わった事をGoogleに知らせるために、
Search Console(旧Webmaster Tool)に新しい
アドレスを登録。
上に書いてある事をお読みいただいて、
「これなら自分でできる」
と思われるのでしたら、ご自身でされる方が
良いかと思います。
「面倒くさそう」
「うまくできるか不安だ」
という場合には、ぜひご依頼ください。
・常時SSL化代行サービス

 
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
作業は先着順となりますので、お早めに
お申込ください。

2018年7月22日ホームページ

Posted by 新谷貴司