「自称グーグルパートナー」から電話があったらどうすべきか?

ホームページてこ入れメールセミナーを受講しておられる先生から、
こんなご質問をいただきました。
> 従業員がグーグルから電話ですと取り次ぐので、
> グーグルパートナー(代理店)の「株式会社***」
> と、いかにもグーグルからの電話のようにいって、
> グーグルマップの仕様が変わりましたので、グーグルの替わりに、
> 無料で書き変えますので、今日、訪問したい時間を指定したいと、
> 電話がありました、
>
> ネットで調べると、HPの制作会社でした。
>
> グーグルマップで、このままだと、なにか不備でもあるのでしょうか?
グーグルパートナーというのは、基本的には「グーグルの広告を
紹介・販売する代理店」です。
ですので、下記ページで社名を検索して出てくれば、少なくとも
ウソは言っていないはずです。
・グーグルパートナーの検索ページ

元のメールには社名が書いてありましたが、その社名で検索しても、
会社所在地で調べてもヒットしませんでした。
この時点でもうダメです。
もう少し好意的に見て、グーグルパートナーに登録されたばかりで
グーグル側の対応が間に合っていないとしましょう。
だとしたら、わざわざ電話を掛けてきた上に、こちらに出向いて
無料でグーグルマップの設定を修正してくれるのは、ありがたい話
でしょうか?
どう考えても「それだけの手間を掛ける甲斐があるサービス」を
売りにかかるに決まっています。
※ホームページの作り直しやアドワーズ広告の管理行とか。
素直に訪問時間を指定したら最後、強引な営業で押しまくられるか、
コロリと納得させられるかという図が予想されます。
これを踏まえて上記のメールに私がどう答えたか?
> だいたい素性を偽ってアポを取り付ける会社がマトモであった
> 試しなどありません。
>
> グーグルマップの見た目が変わった(個人的には改悪だと
> 思います)のは事実ですが、だからといって貴院が何かをする
> 必要はないはずです。
>
> 塩か逆さホウキを用意してお引き取りいただいてください。
翌日に返信をいただきました。
> 電話営業の件、従業員に断らせました、ありがとうございます。
こういう場合、ご自身で断るより、この先生のように従業員に
 「院長が断われと言っています。私には分かりません」
と言い張らせるのが良いです。
下手に権限があると説得に心が揺らいでしまいますが、断わる
以外の選択肢を持ってない人は説得されようがありません。
…といったご質問も、メールセミナーでは承っております。
もちろん、ホームページ経由の集客や技術的な事柄も。
・ホームページてこ入れメールセミナー
knowhow/hpkaizou.html
 
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
下手に会って話を聞こうと思うから丸め込まれてしまうのです。
始めから会わない・電話で話もしないのが一番。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

広告・宣伝

Posted by 新谷貴司