無料SSLを1クリックで導入してその後は?

無料メルマガの配信申込フォーム

ご氏名 (必須)
メールアドレス (必須)

ロズまり・向井邦雄さんから、自社ホーム
ページの常時SSL化のご依頼をいただきました。
※SSLって何?
パソコンやスマホと、ホームページを設置
しているサーバーとの通信を暗号化して、
途中で改ざんや盗み見されなくする方法。
そして、当会の仕事ぶりにご満足いただいて
Facebookでご紹介いただきました。

※投稿の公開範囲は向井さんの友達限定です
見られない方のために要約すると、
> 大手サロンはどこもSSL化されているのに、
> 小さなサロンはあまり対応していません。
>
> 特に個人情報を扱う場合、お客様に不安を
> 与えて信用を失いかねません。
>
> 少しですがSEOにも役立つとのことなので、
> うちのサロンのサイトでも導入しよう。
>
> でも費用も手間もかかるんだろうなあ…
> …と思ったら地元密着なびで11,000円で
> すぐやってもらえました。
常時SSL化の話を書くと、よくコメントで
寄せられるのが
> 最近のレンタルサーバーなら1クリックで
> 無料のSSLを導入できますよ
という情報です。
たしかに、ロリポップサーバー・さくら
インターネット・エックスサーバーなどなら
1クリックで無料SSL証明書が導入できます。
それで
example.com/

example.com/
でもアクセスできるようになるのは事実です。
そうなのですが、これだけで満足していると
後で困ったことが起こります。
SSL証明書を導入しただけだと、
example.com/

example.com/
の両方でホームページを表示できてしまいます。
つまり、全く同じ内容のホームページが2つ
ある状態です。
そして、後から用意した「https:// 」の方が
Googleに重複サイト扱いされてしまいます。
そうなると、「https:// 」の方が検索結果に
出なくなる恐れが多々あります。
そうならないためには、
example.com/
にアクセスしたら自動的に
example.com/
に転送される設定をしておいてください。
あと、画像・外部JS・外部CSS・iframe・
フォームの送信先などのURLが「http:// 」の
ままだと、アドレス欄の左側に鍵マークが
出てくれません。
せっかくSSL対応を行なうのですから、
鍵マークが出るようにしておきましょう。
※アドレス欄の鍵マークはこんなのです
www.localnavi.biz/images/https.jpg
対処法は「http:// 」となっているURLを
すべて「https:// 」に書き換えてください。
もしリンク先がSSL対応していない場合は、
・画像などをダウンロードして自社サイトに
 掲載してリンクを張り直す。
・SSL対応している別のサービスを使う
・仕方がないのでそのままにする
のどれかで対処する必要があります。
SSL対応を自力でされるのなら上記の対策を
しておいてください。
「導入だけはやったが続きを頼みたい」
「やり方がわからないから全部してほしい」
という方はお気軽にご相談ください。
・常時SSL化代行サービス
www.localnavi.biz/knowhow/ssl.html
 
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
常時SSL化は、証明書を導入した後が肝心。
せっかくSSL対応したのにHPが検索結果に
出ないのでは元も子もありません。


お問い合わせはこのフォームからお気軽にどうぞ

社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)