施術院に「今すぐ救急車を呼ぶべき患者さん」が来院されたら?

複数の施術家からお伺いしたのですが、ある程度の経験と実績を
重ねると、難易度の高い患者さんが増えるのだそうです。
そして、そうなると今度は「今すぐ救急車で病院に送るべき」方が
来院されることも起こり得ます。
・自分がそんな危険な状況だとは夢にも思わず来られる場合
・自分の状況を理解して「この先生なら!」と来られる場合
どちらの場合でも、施術家が「この患者さんは危険な状況にある」
と気付かないと大変なことになります。
たとえば「なんか頭痛がする」という方が来られた時に、ただの
偏頭痛なのか、脳内出血なのか、はたまた髄膜炎なのか。
見分けられないと、どうなるでしょうか?
最悪、施術中に患者さんが昏睡状態になってしまいます。
あるいは腕のしびれ。
単に横向きに寝て、一晩腕を身体の下敷きにするだけでも腕は
しびれますが、もっと危険な事が起こっている可能性もあります。
何でもない症状と、命にかかわる症状とを見分けられますか?
もし、少しでも不安がお有りでしたら、施術前に危険な症状を
見分けるためのポイントを学ぶことを強くオススメします。
・施術前に危険な症状を見分けるセミナーDVD

もちろん、危険な症状を見分けるポイントを体得するのに何年も
かかるとか、天賦の才能がいるとかでは「絵に描いた餅」です。
上記のセミナーDVDで紹介されているのはこんな内容です。
> こんな症状の患者さんが来院されたら、こんな危険な症状が
> 隠れているかもしれない。 だから、こんな質問をしましょう。
>
> その答えにイエスならば、危険な状態が考えられるので施術は
> せずに、こんな対処をしましょう。
つまり、DVDをご覧いただいてすぐに活用できる(活用する必要が
ある患者さんが来られれば、ですが)のです。
もしかしたら、一生活用する機会がない知識かもしれません。
しかし、脳内出血や心筋梗塞など、処置の遅れが生死を分けたり、
重度の後遺症を残したりしかねない方が貴院に来られたら…。
想像して背筋がゾクリとなった方はぜひご検討ください。
・施術前に危険な症状を見分けるセミナーDVD
therapistsupport.com/bosyu/uno-shintani
 
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
下世話な話かもしれませんが、来院された患者さんに「うちに
来ている場合じゃありません。今すぐ病院に行ってください」
と適切に指示できる先生ってカッコイイじゃないですか。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)