フェイスブックで何を紹介しているか、で人格を量られてしまう

フェイスブックで友達の投稿をつらつら見ていると、
 「3日でフェイスブックの友達が1,000人増える」
とか
 「フェイスブックで全自動で収入が入り続ける」
とか
 「1日10分で自動的に儲かるソフト」
とかいう怪しいページをシェアしている人がちらほらいます。
※シェア:
フェイスブック上で他の人の投稿やよそのホームページを紹介する
行為のこと。
※たとえばこんなページです。
www.localnavi.biz/images/fb-jidoutool2.jpg
www.localnavi.biz/images/zaku2kun.jpg
基本的にフェイスブック上でどんなページをシェアしようと、
それはシェアする人の自由です。
(フェイスブックの規約に引っかからない限り)
しかし、「どういうページをシェアしているか?」というのは
 「自分の趣味嗜好や考え方を友達などにさらしている」
ことになるという自覚は必要です。
※もちろん、友達やフォロワーに勧める場合だけでなく、こんな
ロクでもないページがあった、と批判的に紹介する場合も。
「3日でフェイスブックの友達が1,000人増える」
「フェイスブックで全自動で収入が入り続ける」
のようなページをシェアする人とは、私は関係を深めたいとは
思いません。
フェイスブック上で
 「フェイスブック上のつながりは数しか見てません」
と言い放っているわけですから、こちらも
 「そうかそうか、つまり君はそういう奴だったんだな」
と判断するだけです。
一方、「1日10分で自動的に儲かるソフト」みたいな、楽して
儲かる情報をシェアしている場合はどうでしょう?
お客様に見られたらどう思われるでしょうか?
 「この人、本業が左前なんじゃないの?」
 「怪しいものを紹介していて、うさんくさい人だなぁ」
とか思われても文句は言えません。
なので、「楽して集客」とか「楽して儲かる」とかのページを
フェイスブック上で紹介するのは止める方が無難です。
 
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
だったら、名言とか格言とかばっかり紹介するのがいいのか、
というと、個人的には「ほかに書く事はないのかな?」と思って
しまうので、難しいところであります。

ソーシャルメディア関連

Posted by 新谷貴司