1回でも来てくださった方に忘れられないようにする一番の方法

今年2月に関西ビジネスサテライト新聞の取材を受けた際に、取材
場所を隣駅のスターバックスに指定したらスタバがなくなってた!
という悲劇をしばらく前に書きました。

そして4月初旬に、ある方が業務に関する打ち合わせでこちらに
来られるというので隣駅の喫茶店で待ち合わせることにしました。

その返事をした次の日、うちのすぐ近所にある小ぎれいな喫茶店が
目に付きました。

別につい最近になって開店したお店ではありません。
私の記憶をたぐる限り、少なくとも12年前からあります。
しかも、前に息子と二人で「鹿カレー」を食べたこともあります。

※丹波の山奥で獲れた鹿を使っているらしいです。

なのに、仕事の打ち合わせで人と会う場所として、そこのお店を
ちっとも思い出さなかったのです。

…自分の忘却力の高さに唖然としました。

しかし実は、これは私の物覚えの悪さだけの問題ではありません。
なぜ一度は行っているお店を後で思い出さないのかというと、
お店が「忘れられないための努力を何にもしていないから」です。

※半分は開き直りですが。

そもそも、1回や2回行っただけのお店を末永く憶えていてくれる
と思う方が間違っています。

今のご時世、普通に生きているだけでも怒濤のごとく情報が目や
耳から頭の中に入ってきます。

その大量の情報のうち、憶えておいてもらえるのはごくわずか。
ほとんどは意識すらされずに消されてしまいます。

たとえ一度は行ったことのあるお店でも、その時は好意的な印象を
持っていたとしても、忘れずにいてもらえる保証はありません。

というか、忘れられると思うべきです。

ではどうすれば良いのでしょうか?
簡単です。思い出していただきましょう。

たとえば私がこうやって週に1~2回メールマガジンを発行している
のは、情報提供やサービスの案内以上に「忘れられないため」です。

ただ、メルマガは(郵便物よりは)費用もかからず、楽は楽ですが、
「読んでいただける確率が低い(下手をすると届かない!)」
「(特に手書きに比べると)無機的な印象がある」
という難点があります。

それに、あまり短い文面だと出すのに気が引けるというのもあります。
(そう思うのは私だけかもしれませんが)

あともう一つ、メルマガは文面を考えるのがなかなか大変です。

文面に苦労するのは、メルマガに限らずご機嫌伺いのハガキを出す
時だって同じじゃないのか?

確かに、ゼロから文面をひねり出すのは大変です。

でも、穴埋め式の文例集が手元にあればどうでしょうか?

文面を考える苦労は8割方なくなることでしょう。

※ゼロ(=丸写し)にしてしまうと受け取る側の有り難みが失せます。

一気に山ほどハガキを書くと死にそうになるので、1日数枚くらい
ハガキを書くのが挫折しないコツとのことです。

詳しくはこちら(↓)を。
・ファンレターDM マニュアル+99文例集
www.localnavi.biz/item/fanletter101/
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
メルマガはメールボックスに届いても読まずに削除とか珍しくも
ありませんが、ハガキは一瞬でも裏表に目を通します。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2012年5月19日オススメの本・ソフトなど

Posted by 新谷貴司