アクセス解析を見ても検索語が何だか分からない事ありませんか

アクセス解析で最低限チェックすべき項目はこれくらいです。
・ページ別のアクセス数
・曜日別のアクセス数
・時間別のアクセス数
・どこのページからアクセスされているか
・どんな検索語で検索されているか
もちろん、精査すればするほど色々分かる事が増えていきますが、
アクセス解析の画面に拒否反応が出る方も少なくありませんので。
ところで、最重要の項目である「どんな検索語で検索されているか」
が最近、少しずつ怪しくなってきています。
たとえば、地元のプロを紹介する「マイベストプロ京都」のコラム
ページにどんな検索語でアクセスがあるかというと…
www.localnavi.biz/images/mbp-keywords.gif
 (not provided) 検索語は不明
というのがいくつも見えます。
次にグーグルアクセス解析で、地元密着なび本部にどんな検索語で
アクセスされているかをチェックすると、
www.localnavi.biz/images/ga-keywords.gif
 (not provided) 検索語は不明
が一番上に出て来ます。
「私が使っているアクセス解析にはそんなのは出ないよ」
というあなた、それは単にそのアクセス解析が「検索語が分からない
検索エンジンからのアクセス」を表示してないだけです。
なぜそう言い切れるのかというと、実はグーグルのアカウントで
グーグルにログインしたままの状態でグーグル検索すると、
www.google.co.jp/search?ix=acb&ie=UTF-8&q=%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82
のように、URLの冒頭が「http://」ではなく「https://」に
なります。たった1つ s が付くだけですが結果は大違いです。
s 抜きの
www.google.co.jp/search?ix=acb&ie=UTF-8&q=%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82
から検索結果のホームページにアクセスすると、アクセス解析では
「検索語:あああ」と記録が残ります。
しかし、s 付きの
www.google.co.jp/search?ix=acb&ie=UTF-8&q=%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82
から検索結果のホームページにアクセスすると、アクセス解析には
www.google.co.jp/
からアクセスがあったという記録しか残りません。
技術的な話はともかく、問題は「検索語が分からないグーグルからの
アクセス数」がどれくらいの割合であるのか、です。
たとえばマイベストプロ京都の場合ですと、検索エンジンからの
アクセス数のうち 16.2% が検索語不明です。
地元密着なび本部は 19.2% で、整体・カイロなびは 22.8% です。
・・・意外と多い。
そして対策は1つ。
グーグルのアクセス解析とグーグルウェブマスターツールを連携
させるしかありません。
下記ページに詳しい手順が載っていますのでどうぞ。
・ウェブマスターツールとGoogle Analyticsを関連付ける方法
www.a-tubuyaki.com/?p=273
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
そのほか、ホームページやインターネットをきちんと活用したいけど
…というあなたをきっちりサポートいたします。
・ホームページてこ入れメールセミナー
www.localnavi.biz/knowhow/hpkaizou.html


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

検索エンジン対策

Posted by 新谷貴司