アメブロ・フェイスブックなど一つのものに頼りすぎるのは危険

クリスマスの浮かれた気分に、頭から氷水をバケツでぶちまける
ような事件がアメーバブログ(アメブロ)で発生しました。

・Amebaユーザー5万人分が不正アクセスで強制退会
gigazine.net/news/20111225-ameba/

実際には「退会したみたいな状態になっていた」が正しいようですが。

そういえば私も、クリスマス前後にアメブロでIDとパスワードを
入力しても全然受け付けてもらえませんでした。

私はたまにブログを書いている程度なので、ホントに退会させられても
大した問題ではありません。「あーあ」で済みます。

しかし、アメブロを大改造してホームページのように使っている方だと、
まさに「死活問題」です。

アメブロは集客しやすいとかファンを作りやすいとかSEOに強いとか、
色々とメリットが謳われていますが、デメリットも多々あります。

・ブログの機能に「ブログ記事のバックアップ」がない。
・独自ドメイン(●●.comのような)が使えない。
・朝でも夜でも真昼でもお構いなしに緊急メンテナンスがある。
・前触れナシに仕様が変わって操作方法などに悩む。
・ページの動作が重くなる事が多すぎる。
・アメブロのアクセス解析(特にアクセス数)は信用できない。

※なお、この弱点はあらかたフェイスブックページにも当てはまります。

上記のデメリットの内、特に致命的なのは「バックアップ機能がない」
「独自ドメインが使えない」の2つです。

たとえば、私は地元密着なびのホームページをエックスサーバーで
運営しています。もしエックスサーバーが間違って地元密着なびの
全ページを削除してしまったとしましょう。

たぶん復旧してくれるとは思いますが、復旧してくれないようなら、
即座に解約してよそのサーバーに移ります。

データのバックアップも取ってますし、独自ドメインの設定さえ
変えればすぐに他社のサーバーに引っ越せますから。

99%の方はホームページが引っ越したことすら気付かないでしょう。

…という事が、アメブロやフェイスブックページではできません。

・アメブロのURL
http://ameblo.jp/●●

・フェイスブックページのURL
http://www.facebook.com/●●

のように、自由に指定できるのは●●の部分だけですから、よそに
移るためにはURLの変更は避けられません。

今まで集めてきた「よそのホームページやブログからのリンク」は
全部捨てることになりますし、名刺やチラシなどに刷ったURLも
全部書き換えないといけません。

大変です。

だからといって、アメブロやフェイスブックページを使うなと
言うつもりは毛頭ありません。使いこなせる範囲で使うべきです。

あくまでも「便利な営業所」として。

本拠地はレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを使った自前の
ホームページにすべきです。

この際なのでホームページを作りたいという方はこちらを。

・パソコン用ホームページ制作

すでにあるホームページを改良したい方はこちらを。

・ホームページてこ入れメールセミナー

◆シンプルすぎる要約◆
少なくとも1年前には「アメブロに頼り切るのは危うい」という話を
私がしていた証拠が、下記で紹介しているインターネットTVです。

・インターネットTV対談の録画と、もろもろのご質問への回答
ameblo.jp/localnavi/entry-10715304542.html

アウェイ感全開な私がかなりふがいないのですが、言ってることは
まともですので、生暖かい目で見てやってください。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2011年12月27日ホームページ

Posted by 新谷貴司