節電のためにも、本格的な夏到来の前にパソコン内部のお掃除を

土曜日の夕方、前触れナシに私のパソコンの電源がブツッと落ち
ました。動作が不安定になったとかの前触れは一切なしです。
ちなみにこの日の最高気温34度・最低気温27度。
「今年もついに来たか…」
という訳で、翌朝にパソコン内部の掃除を行ないました。
1.まずデスクトップパソコンのケースを開けます。
2.ケースの通気口にホコリが詰まってるので掃除機で吸います。
3.電源コードを抜き忘れてたので抜きます。(最初にやれ)
  電源コードを入れたままだと感電や故障の恐れがあります。
4.とにかく目に付くホコリを掃除機で吸いまくります。
5.電源ボックスを外して、難物・CPUファンも取り外します。
※参照:CPUクーラーのはずし方
okwave.jp/qa/q2024696.html
6.ボール紙など硬めの紙を細長く切って、ファンのスキマに
貯まりに貯まったホコリを掃除します。
7.ばらしたCPUファン・電源ボックス・その他を戻しておしまい。
ノートパソコンの場合やケースの開け方が分からないという場合は、
最低でも通気口に掃除機の先を押し当ててゴミを吸ってください。
できれば、メモリやハードディスクを取り替えるために取り外せる
部分を開いて掃除をしたいところです。
パソコン内部(特にCPUファンや電源ボックス)の風通しが良くなれば、
内部の冷却にムダな電気を食わずに済みます。
で、もう一段節電を進めるには、パソコンの節電設定を自動的に見直す
ソフトをインストールするのもオススメです。
・Windows PC 自動節電プログラム
support.microsoft.com/kb/2545427/ja
ただし、元々パソコンに入っている電源管理ソフトや節電機能と
競合すると難儀なので注意書きをきちんと読んでください。
ま、ノートパソコンを使っておられる方ならピーク時はバッテリーで
しのぐか、潔くパソコンの電源を落とすのが一番だと思いますが。
業種によっては午後1~4時までシエスタを決め込んでも良いかも。
…何だか「節電」の2字を掲げれば、たいがいのことは許されそう。
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
ちなみに、09年 t.co/yHgkXvz 10年 t.co/BV8UqIx
だいたい毎年この時期になるとパソコンがいきなり落ちている。
分かってるなら6月初旬に掃除しろよという話なのですが。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2011年6月28日お知らせなど

Posted by 新谷貴司