色々ある商品・サービスから考えずに選べる指針を示しましょう

昔なら「ビールはキリンラガー」「ウィスキーならサントリーオールド」「車はカローラ(いつかはクラウン)」という具合に定番があって、だいたいみんな定番を選んでいたんじゃないかと思います。

※いつの昔じゃ、という突っ込みはご遠慮ください。

※「本田宗一郎大好き」「エビス最高」などの異論も、とりあえずご遠慮ください。

しかし、今はどうかというと、コンビニにビールを買いに行きますと、軽く20種類はビールが並んでいます。半分以上は「発泡酒」「その他の雑酒」だったりしますがそれはさて置き、迷います。

いつも同じのを飲みたい人はいいんですが、私のように目移りして決断力がない人にとっては、たかがビールを1本買うだけでも難儀なものです。130~250円くらいのものでガタガタ言うなというご意見もおありでしょうが。

※しかも、最近お気に入りだったキリンゴールドはうちの前のコンビニではもう置いてないし。

あるいは、高校生が大学受験に備えて、英語の参考書を大きな本屋さんまで買いに行ったとしましょう。

…いったい何冊あるんじゃ。種類が多すぎる。

昔だったら「出る単(シケ単)」と「基本英文700選」でも買っておけば良かったのでしょう(私はどっちも買ってません)が、今は予備知識ナシで本屋さんに行ったら大変です。多すぎて選べませんから。

ムシャムシャとお菓子を食べていたら「カキーン!」と奥歯に突き刺すような激痛が走りました。

いてーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

歯医者さんに行かないと。…でも、どこの歯医者さんがいいんだろうか? うちの近所だけでも3軒あるぞ。

ううむ、困ったなぁ。

とまあ、このように「選ばないといけない場面」というのが昔より多くなってるんじゃないでしょうか?

じっくり品定めをするのが好きな人や、そんなヒマがある人にはいいでしょうが、そうでない場合は「予備知識もなしで」選ばされるなんて面倒なだけです。

そんな時に例えば、商品やサービスを提供する側の人が、「選ぶ基準」を教えてくれると嬉しいです。

たとえばコンビニのビールでしたら、「当店の一押し」とか「今売れてます」、あるいは「期間限定」なんてのもいいですね。

受験参考書なら「ドラゴン桜でも推奨されています」なんて書けば、それがホントならそれだけで手に取る人は激増するでしょう。

あるいは「センター試験はこの一冊で十分」とか書いてあれば、二次試験で英語を受けない人にはアピールできるはずです。

歯医者さんなら「うちは痛くない歯医者です」と看板なり電話帳広告なりに書いておけば、痛いのが好きな人なんていませんから「おぉ、ここは痛くないのか」ということで患者さんは安心できます。

※痛くないのが無条件にいいのか、という点はさて置き。

・どうやって選んだらいいのか教えてほしい。
・というか、代わりに選んでほしい。

という需要は、どう考えても未来永劫なくなりませんから、ぜひとも自分の商品・サービスがどんな人にオススメなのか、どんな点がアピールポイントなのかを打ち出してください。(法律に違反しない範囲で、ですが)


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2007年5月23日商売の考え方

Posted by 新谷貴司