生涯現役を目指して「最高齢プロフェッショナルの教え」を乞う

当「地元密着なび」の各紹介サイトにご登録いただいている方々の
うち、多くの方は生涯現役を目指しているのではないでしょうか?

会社や官公庁などに勤めていると「定年退職」が待っていますが、
個人や小さな会社で仕事をする分には定年などありませんから。

それに、このご時世に国民年金で安楽な老後を過ごすというのは、
期待する方が間違っているでしょうし。

私も「一発当てて、あとは優雅にリタイヤ生活」などという寝言を
唱える気は全くなく、生涯現役で仕事をしたいと思ってます。

でも、まだ40歳の私が平均寿命の80歳まで生きるとして、あと40年。
生まれてからと同じ年数を仕事をしながら生きていくというのが、
どうにもピンと来ません。

そんな時に見付けたのがこの本です。
最高齢プロフェッショナルの教え(徳間出版取材班)

どれくらい高齢かというと、JRA騎手の安藤光彰さんが51歳で
ぶっちぎりの最年少。
その次に若い方がギター職人の矢入一男さん78歳!

逆に最高齢の方は103歳の声楽家・嘉納愛子さんです。

あとはもう80台が7人、90台が5人。平伏するしかありません。

で、冒頭の最高齢現役漫画家・やなせたかしさんの記事から
もう痺れます。(ちなみに水木しげるさんは2歳下)

業として漫画を描き始めたのが戦後間もなく。

しばらくは羽振り良くやっていたものの、天才・手塚治虫の台頭も
あって、それまで主流だった一コマ漫画が壊滅状態。

そこからは「NHKテレビで漫画の講師」→「テレビ番組の台本書き」
→「劇場の舞台美術」→「ラジオドラマの脚本」
→「その台本を絵本化」→「もっと何か書いてください」
→「あんパンが飛んでいって子供に顔を食べさせる絵本」

こんな変な本が売れる訳がない、と言われながら子供にバカウケ。
アニメも「きっと半年で終わるでしょう」のはずが23年目に突入。

他の方の話を読んでいると、はじめから他の仕事はせずに、天職を
一筋に貫いている方もいらっしゃいます。むしろ多数派。

一方、とりあえず始めた仕事が紆余曲折の末、60年続いている方や、
40歳を過ぎて再起を図って始めた仕事が今までずっと続いている方。

どの方の場合でも、「目の前の仕事」と「人との縁」を大事にして
きたことだけは共通しているのが「さもありなん」です。
最高齢プロフェッショナルの教え(徳間出版取材班)

◆シンプルすぎる要約◆
若い人が高校生や大学生のうちに読むのも良いでしょうが、
「自分はもう若くないし」と思ってる人が読むのがもっと良さそう。
この人たちに比べたら、たいがいの人は「小僧・小娘」ですから。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2011年1月13日オススメの本・ソフトなど

Posted by 新谷貴司