「安値で落札できるペニーオークション」って本当にお得なの?

色んなものが安い価格で落札できると評判の「ペニーオークション」をご存じでしょうか?

オークション主催者が0円で商品を出品して、買いたい人が入札するたびに1円~20円ずつ値段が上がっていくというオークションです。

※ちなみに「ペニー」はアメリカの1セント硬貨です。

ヤフオクなどとの違いは「主催者が出品者でもある」「格安で商品が落札できる(場合がある)」「1回入札するたびに50円ほどかかる」という点にあります。

そして「1回入札するたびに50円ほどかかる」という特長が問題視されつつあります。

広がるペニーオークションに罠 落札できず手数料取られ…

落札できようができまいが、入札するたびにお金がかかりますから、落札できなかった人は「お金だけ取られる」ことになります。

安値で落札できたと喜んでみても、入札するたびに払った金額を合算するとちっとも安くないという事もあるようです。

さて、上記の記事では触れていませんが、ペニーオークションにはもっとエゲツない問題が囁かれています。

ペニーオークションの主催者は「入札件数が増えれば増えるほど儲かる」仕組みになっています。それに商品を落札されたら当然ですがちゃんと発送しないといけません。

となると、自分で入札して落札してしまえば、入札件数は増えるわ商品なんか持ってなくても困らないわとメリットだらけです。

そして「ペニーオークション開設用ソフト」という便利なものが売っていて、それには「サクラ入札機能」が標準装備されています。

ペニーオークション開設用ソフト販売ページ

上記ページでは35,431円という微妙な値段でソフトを販売していますが、そこを良く見るとこんな記述が…。

BOTUSERS (NEVER LOSE MONEY ON YOUR AUCTION! JUST SETUP A FEW BOTUSERS AND THEY WILL BID WHEN THE AUCTION END)

・惰訳:ロボット入札者(オークションで損しなくて済みます!ロボット入札者を2~3設置しておくだけでオークション終了まで入札し続けてくれます)

要するに、最後の一人が諦めるまで延々と値段を吊り上げるという、素敵すぎて涙が出そうな機能が「標準装備」されているわけです。

ペニーオークションに参加した人は、主催者がこんなイカサマを仕込んでいるとも知らずに、ロボット相手に入札合戦を繰り広げてしまい、しまいには力尽きてしまいます。

しかも、入札手数料だけはしっかり搾り取られた挙げ句に。

すべてのペニーオークション主催者がこんな悪辣な事をやっているわけではないでしょうが、利用者が使っているか使っていないかを判断するのはまず無理です。

君子危うきに近寄らず、普通にヤフオクなどを使っておくのが無難だと私は思います。

◆シンプルすぎる要約◆
ペニーオークションはオークションというよりギャンブルかも。

2010年10月2日ネットのルール・常識

Posted by 新谷貴司