ゆるいつながりを持つのに便利なツイッターで溝を深めるのは…

どこまで本当なのかは知りませんが、ツイッター(140字しか書け
ないミニブログ)を使っている吉本興業の芸人たちが大ひんしゅくを
買っているとか。
ナンパ、暴言……Twitterで吉本芸人の好感度がダダ下がり中!?
「ツイッターでナンパ」だとか「素人にぶち切れ」「寄付を強要」
などのイメージダウンにつながる活動が目立つそうです。
ある芸人がファンに向かって寄付を強制するような書き込みをし、
その上に後輩芸人にもその書き込みを広めさせたとのこと。
それで反発が起こったところにある後輩芸人が、
> 10円ケチッてる奴の分も含めて1000円寄付させて頂きます!
…こんな事を言ったら、そりゃケンカを売ってるとしか思えません。
好感度が下がるのも当たり前です。
上記の記事の末尾で、どこまで本気か知りませんが
> 本来はプロモーションツールとして利用するはずのTwitterで、
> ファン離れが進む吉本芸人たち。NSCなどの養成所で、今後は
> 授業のひとつとしてメディア論を入れた方がいいのかも?
と書いてあります。
冗談抜きで芸能事務所などで所属タレント相手にインターネット
活用のごく基本を講義するくらいは必要なんじゃないでしょうか。
・ツイッターの書き込みは全世界に公開されている。ツイッターで
ナンパなんか公開録画でナンパしてるのと変わらない。
・ブログでもツイッターでもスルー力(不快な書き込みを無視する
力)が必要。不快な書き込みにいちいち反応しては身が持たない。
・ツイッターは前後の文脈を無視して1つの書き込みだけを取り
上げられやすい。要注意。
・実際に話せばいい人なのに文面はきつくなってしまう人もいる。
文章だけで相手の感情を掴むのは難しい。
・ツイッターで関わりたくない相手はブロックすればOK。
・善意であろうと「この文面を多くの人に広めてください」という
チェーンメールのような行為は悪です。
芸人でない方でも、注目度が低いだけで、やってはいけない事は
一般人でも芸人でもそうそう変わりません。
せっかくツイッターでお客様などと「ゆるーいつながり」を持とうと
しているのに失言などでぶった切っては洒落になりません。
ツイッターをお客様集めや既存のお客様との交流などに活用したい
方は、くれぐれも落とし穴にはまらないようご注意を。
・実店舗向けツイッター活用法
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
気軽に書き込めるツイッターは、書いてはまずいことまで気軽に
書いてしまいかねません。書く前に一息考えてみてください。

2010年8月27日ツイッター活用

Posted by 新谷貴司