●「何でも出来ます」は「全部中途半端」と同じです

少なくとも、一般の方にはそう受け取られてもしょうが
ないです。
たとえば、昔だったらデパートの最上階にある大食堂は、
ハレの日に家族そろって出かけて、美味しいものを食べ
る場所でした。
※注:私が子供の頃はまだそうだったような気が。
でも今はどうでしょうか?
デパートそのものがかなりヤバい気がしますが、それを
差し引いてもデパートの最上階にはもう、和洋中華が一
通りそろっている大食堂なんてありません。
あるのは「天ぷら屋さん」「おそば屋さん」「中華屋さ
ん」「パスタ屋さん」などなど、専門店ばかりです。
あるいは、どこかのお店が「商店街で営業していても未
来はないし、これからはインターネットだ」と息巻いて
ネットショップを始めるとします。
ここでやってしまいがちなミスが、
「今お店で扱っているものや、仕入先から取り寄せれば
 扱える商品をすべてネットショップで販売してしまう」
です。そんなことをやったら、レンタルサーバー代や、
インターネット接続料金すらまかなえません。はっきり
言って絶対売れませんから。
なんでか?
「何でもあります」の何でも屋なら、ネットにはすでに
「アマゾン」や「楽天市場」という超巨大な何でも屋が
2つもあるというのに、何が悲しくて屁のような品揃え
の名も知らぬ「何でも屋」に行かなきゃならないんでし
ょうか?
そもそも、「あれも出来ます、これも出来ます」と言う
人は、「これしか出来ません」という人よりも何倍も時
間を持っているのでしょうか?
物事を身に付ける才能を何倍も持っているのでしょうか?
たいていの場合は、多少は要領が良くても「広く浅く」
にしかなり得ないんじゃないでしょうか?
それを直感的にみんな分かっているからこそ、何でも屋
じゃなくて専門店に行くんじゃないでしょうか?
今のご時世は「何でも屋よりも専門家」です。はい。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

商売の考え方

Posted by 新谷貴司