2022年8月2日更新:お盆期間も暦通りに営業します

「ホームページなんて作っても意味がない」と言ってるのは誰だ

我が家の近所に氏政クリーニングという、よそでは落ちない(それ
以前に受け付けてもらえない)ようなシミや汚れも落としてくれる
腕の良いクリーニング屋さんがあります。
※半年前まではすぐ近所の安い店に持って行っていたのですが、
「シミが落ちない」「アイロンがまともにかかっていない」
挙げ句に「接客態度がなってない」ので使うのを止めました。
 
 
その氏政クリーニング様は8年ほど前に業者にホームページを
作ってもらい、更新料や管理費に年20万円ほどかけていました。
年20万円の経費がかかっても、それを上回る売上を生み出して
くれれば何の問題もないのですが、実際には「全く効果なし」。
そして、コンサルタントや中小企業診断士といった人たちにも、
「クリーニング屋に服を持ってくる人はホームページなど見ない」
と言われ続けていたそうです。
 
 
普通ならここで諦めてしまいそうなものですが、今年の3月、
新現役チャレンジ支援 京都協議会に
「ホームページのリニューアルが出来る人を紹介してほしい」
という依頼をされます。
「定年退職者ばかりなので、ホームページの内容に口を出せる人は
いるが、手が出せる人がいない」というもっともな理由で
新現役チャレンジ支援 京都協議会から私にお声がかかりました。
とりあえずは相手様との顔合わせ、のはずが、私の方針
「お客様を呼べないホームページに価値などない」
「頻繁に更新できないホームページなど役に立たない」
「お客様からいただいた感謝のお声は何よりも大事」
に共感していただき、その場で作成を請け負う事が決定。
それから半月ほどかけてホームページを全面的に作り替えました。
 
 
と、ここまでが実は前振りです。
それから、私がお店にスーツなど(注:妻の)をクリーニングに
出しに&取りに行くたびに、社長からホームページ大改造のお礼と
事例の報告をいただくようになりました。
全面リニューアル前のホームページでは全く反応がなかったのに、
私が作り替えてから、ホームページを見て来られる方がドンドン
増えているのだそうです。
特に携帯版ホームページを見て来られる方が多いとの事。
つい最近ではこんな話まで。
「『シミを落としてほしい』と山形県からスーツが届きました」
…山形から京都だと送料だけで往復2,000円かかるじゃないですか。
そこまでしても、シミ抜きをお願いしたいと言ってこられるとは。
 
 
さて、クリーニング屋さんに服を持ってくる人はホームページなど
見ないと言っていた人たちは、単に「自分がホームページを見ない」
からそう思い込んでいた節があります。
あるいは、ホームページで成果を上げているクリーニング屋さんを
自分たちが知らなかっただけか。
どちらにしても、こういう人たちのもっともらしい意見に耳を傾けて
しまうと、「低コストでお客様を集客できる」ホームページという
媒体をみすみす捨ててしまう事になります。
 
 
それに、ホームページがただあるだけでは意味がありません。自分で
ある程度の更新が気軽に出来るようにしておく必要があります。
極端な話、「●日は臨時休業です」とトップページに書いて、●日の
次の日には削除するくらいのことができないホームページなんて、
まったく使い物にならないと思いませんか?
・そんなホームページはいらんという方
・ブログ並みに簡単に更新ができるホームページがほしいという方
・何より集客できるホームページがほしいという方
(※開業前から予約が入ったりします)
ぜひご用命ください。今お申し込みいただければ、最悪でもお盆明け
までには(たぶんもっと早く)ホームページを完成させます。
どうしても手間暇がかかりますので早い者勝ちです。
パソコン用ホームページ作成サービス
・携帯用ホームページ作成サービス
※クレジット分割払いには対応していませんが、カードによっては
ご自身で「リボルビング払い」に切り替える事ができます。
 
 
すでにお持ちのホームページを自力で、集客できるように改造したい
という方にはこちらをオススメいたします。
ホームページてこ入れメールセミナー
※受講生はすでに200名を突破しています。
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
自分が知らない事には否定的になる人が多いです。そういう人の
言葉に耳を傾けてはいけません。

2009年7月24日ホームページ

Posted by 新谷貴司