派手さよりもコツコツと地道に接触し続ける方が強い

私が自分の仕事のために買った初心者向けのレイアウト学習本を、ちょっと目を離したすきに妻が勝手に読んでいました。なぜか「虫眼鏡」を使って。

妻の視力は私と同じくらいで、メガネをかければ普通に読書できるはずなのに、なんで虫眼鏡を使っているのか?

…と思って聞いてみると、

「レイアウトの教材に使っている雑誌記事が面白そうだけど、縮小しすぎて読みにくいから虫眼鏡を使ってる」

という答えが。

そこまでして読んでいるのは何の記事かと思えば、

プレイボーイは恋におカネも時間も
愛の言葉も強引さも使わない

という元non-no編集者・岸本裕紀子さんのコラムでした。

ザックリ要約&引用するとこうです。

これはと思う相手を見付けたら、2~3度デートに誘い、最初から軽めに、しかしストレートに口説く。そうして自分が好意を持っている事を印象付けておいて、

2週間に1度、夜に電話する。「どうしてる? そのうちまた会おうな」くらいの短い電話だよ。それを一人に対して2年間やるんだ。
(中略)
驚いたことに、成功率は100%近いという。

これだけマメに連絡を取り続ければ、狙った相手をほぼ100%口説き落とせたとしても驚きはしません。

「そりゃ2年もつながりを保っていれば、そんな機会も一度や二度はあるだろうな」とは思いますが。

なんでか?

地元密着なびにご登録いただいている方にメルマガを配信し始めたのが2006年8月で、それから2年8ヶ月経ちます。

中には読み始めてすぐにサービスやノウハウを申し込んでくださる方もいらっしゃいますし、逆に1年も2年も経ってから、必要に迫られるなどして申し込まれる方もいらっしゃいます。

メルマガを配信し続けているからこそ、1年も2年も前に無料登録をしていただいた方にも忘れ去られずに、何かの折に私を頼ってくださるのですから。

それと似たようなものです。

2週間に1度の電話連絡を2年間も続ければ、たいていの女性を口説き落とせる、と言われて実践する人はまずいないでしょう。

メルマガもしぶとく出し続ければファンが付いて売上にもつながると言われても、実際にしぶとく出し続けられる人はごくわずかです。

だから、実践した人が実践しない大勢の人と大きな差を付けられるのです。

地道にブログやメルマガなどでお客様に接触し続けようと思う方、1度来てくれた方に2度3度来てもらう方が費用もかからずオススメです。

こんなノウハウも用意していますのでどうぞ。

◆シンプルすぎる要約◆
地道にメールなどで接触し続けるのは、費用もかからず効果的なのですが、「ネタ切れ」と「飽き」の2大敵に負けないようにする必要が…。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2009年4月15日接客

Posted by 新谷貴司