スタッフが集まらない、雇っても居着かないあなたへ

お客様集めもさることながら、スタッフ集めで苦労しているという
方も(一人で全部やってる方以外)少なくない事と思います。

さて、ご自身に当てはまるものがお有りでしょうか?

・今いるスタッフに友人知人を紹介してもらう。
・求人誌に出す原稿は向こうの営業に任せている。
・最初の時給は安いけど頻繁な昇給で報いている。
・広告には時給がいくらかを目立つように書いてある。
・求人活動は求人誌に出す広告がメイン。
・面接の時に、相手が引きそうな事は言わない。
・いい人がいたらその場で採用!

もし1つでも「はい」があったら要注意です。求人にムダな費用を
かけた挙げ句に扱いにくい人を集めてしまっている恐れがあります。
 
 
 
私は今のところ一人で全部やってますから、人を雇う予定は
ありません。仕事の量が増えたら外注に出すかもしれませんが。

しかし、過去に働いていたところでは、あっちでもこっちでも
求人には苦労をしていました。
 
 
前のネットショップでは、

・職安からの紹介で来た人が「面接に20分も遅刻」。しかも
「お詫びの言葉もナシ」。速攻でお引き取りいただきました。

・同じく職安からの紹介で来た人が「延々とひとり演説」状態。
いや、そんな事聞いてないんですけど。

・働き始めて「この人は良さそうだな」と思ったら2週間で逃亡。
 
 
 
さらに遡って大学に在籍していた(通ってはいない)頃にバイトを
していたハンバーガーショップでは、

・近所の大学生を雇ったら、バイトの帰りに食材を盗んで帰った
のがバレて速攻クビ。

・高校生を雇ったものの、あまりにも仕事を覚えなくて、
丁重にお引き取りいただきました。

そして、週6日ペースで朝と晩に働いていた私が、真面目に大学に
通うためにバイトを辞めて半年もしないうちに、そこのお店は
閉店しました。

バイトの主戦力だった高校生がゴッソリ辞めたせいです。

まあ、全員が高校3年生で受験を控えていたというのは致命的
だったと思います。バブル全盛期で「人手不足倒産」という記事が
ニュースになっていた頃でした。
 
 
 
求人の仕方や面接の仕方、スタッフの教育なんかで悩みがない
という人の方が少ないんじゃないでしょうか?

そんな方にオススメの良い本があるので紹介しておきます。
店長のための採る・育てる技術(岡本文宏/日本実業出版社)

この本には

・ほぼ0円で優秀で辞めないスタッフを集められる方法。
・求人誌に広告を出す場合にムダ金を使わずに済む方法。
・昇給なんかしなくてもスタッフの定着率を上げる方法。
・採用した後でスタッフになめられないための面接法。
・金で釣らなくてもスタッフのやる気を高める方法。

などなど、スタッフを雇って育てる必要がある人は絶対に
読んでおきたい内容が山盛りです。

店長のための採る・育てる技術(岡本文宏/日本実業出版社)
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
ムダなお金を使わずに、優秀で辞めないスタッフを集めたい方には
この本がオススメです。ぜひご一読を。
店長のための採る・育てる技術(岡本文宏/日本実業出版社)


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2009年10月20日オススメの本・ソフトなど

Posted by 新谷貴司