住所も名前も分からない地元の方にDMを出すには?

DM(ダイレクトメール)といえば、

1.すでにお客様になられた方に送る
2.どこかでリストを買って送る

の2種類がふつうに思い浮かぶことと思います。

でも、「1」の場合は新規開業などでお客様がいない場合には話になりません。

「2」はリストを購入するための費用がかかりすぎますし、個人情報保護法の絡みもあって何かとやりにくいのが実情です。

地元の方に重点的に商品やサービスの案内をするには、「折込広告」や「ポスティング」という手もありますが、「折込広告」は新聞を取る人がドンドン減っている事が、「ポスティング」は特にマンションの管理人に嫌われる(入れさせてもらえなかったり、ゴミ箱直行だったり)事がネックになります。

そういったもろもろの弱点を克服するDMの送り方があるのです。

郵便局の「配達地域指定郵便物(タウンメール)」です。

これなら「町・丁目単位」まで絞り込んで、しかも全部の住民にDMを郵送してくれます。

・送り先のリストは必要ありませんし、
・確実に見込み客の手元に届きますし、
・対象とするエリアの全員に配布できますし、

ありがたいことこの上ありません。

ちなみに、1通27円(25gまで)と普通の封書の半額以下ですが、配達までには普通の封書と比べると3日ほど余計にかかります。

くわしい事はお近くの郵便局でお問い合わせください。

配達地域指定郵便物(タウンメール)


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2007年7月3日広告・宣伝

Posted by 新谷貴司