個人事業主や小さな会社がメルマガとセミナーで儲け続ける方法

ささやかな自慢ですが、私はこのメルマガを10年弱続けております。
他のどの媒体よりもこのメルマガで収益を上げてきました。
ですので、メルマガを出し続けるノウハウやメルマガで収益を
上げる方法については、多少はえらそうに語れると自負しています。
さて、このメルマガでも過去に何度も著書やノウハウを紹介して
きた米満和彦さんが、新しく
・15年以上稼ぎ続ける繁盛メルマガのつくり方 セミナー
・高額セミナーをたった1日で満席にする方法 &
 600万円売上げたDVD販売戦略の全記録! セミナー
の動画(合計5時間弱)を発売されたので見ました。
msdvd.png
…これはスゴイ。
たとえば読者の増やし方。セミナー後の懇親会や異業種交流会
などで名刺交換をした人に、どうやって読者になってもらうかとか、
私は考えた事すらありません。
※「読者になったらいいなー」くらいは夢想しますが。
名刺交換をしてから読者になってもらうまでの道筋が決まれば、
あとは「交換する名刺の数を増やす」だけですが…
これまたシステマチックでひっくり返りそうになりました。
あるいはメルマガの読者を「濃い読者」にする最強の方法。
…ここ数年まったくやっていなかったので反省しきりです。
メルマガ広告、ですか?
たまに「うちの商品やサービスを紹介してください」という依頼を
いただくくらいで、まともに募集してはいません。
これまた広告を載せたい方にどうやってアプローチして、広告掲載
まで持って行くか、広告主とメルマガ読者の両方が満足するような
手順がちゃんとあるのです。
また、メルマガ広告や自社の商品・サービス以外でメルマガから
利益を上げる方法もいくつか紹介されています。
そして一番大事なのは「発行し続けること」ですので、完璧を
目指さないというのが重要です。
仮に日刊を目指す場合でも、体調が悪いとか急用だとかで発行
できない日は必ず出て来ます。
そんな時に「ああもうダメだ!」と諦めるのではなく、
「昨日はメルマガが出せませんでした。申し訳ございません」
で次の日にしれっと出せば良いのです。
現に私はそうしてます。
次に「1日で高額セミナーを満席にした方法」。これもスゴい。
何となく「セミナーやろうかなー」と思い立って、
「あ、知り合いの人に告知してもらおう」
「全国8ヶ所で大々的にやろう」
「セミナー内容はホームページに大まかに書けばいいだろ」
「セミナーのタイトルも5秒で思い付いたやつでいいや」
「参加費用は…まあこれくらいにしておくか」
「告知ページができたからメルマガで紹介するぞ!」
「セミナーは内容さえ良ければお客さんが集まるさ」
もちろん、こんなやり方で「1日で高額セミナーを満席に」できる
わけはありません。どころか当日までに満席になるかも怪しいです。
じつは上記すべての行にツッコミどころがあります。もっと綿密に、
断固としてセミナー告知の準備を行なわないといけません。
見ていて
「こんな手があったのか!」
「なるほど、こうするのか」
「え、ここまでやるの?」
というノウハウの連続です。
セミナーにガッツリと集客したい方には垂涎のノウハウでしょう。
さらに言えば、「1日で高額セミナーを満席にした」という実績が
「セミナーDVDに強力な付加価値を付ける」算段なのです。
これがたとえば、
「がんばって集客したけど半分しか席が埋まらなかったセミナー」
だと、見てみたい気がものすごく削がれてしまいます。
※バカ正直に書く人もいないとは思いますが。
もちろん、1日で満席になったのですから、出遅れてセミナーに
参加できなかった人もきっと買うことでしょう。
セミナーに参加した人の高評価がズラズラと載っていればなおさら
です。
というわけで、この情報特盛りの【「情報」で稼ぐ!DVDセット】に
関心がおありの方は下記ページをご覧ください。
・「情報」で稼ぐ!DVDセット
msdvd111/
 
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
見当が付いている方もおられましょうが、上記セミナーDVDの販売も
「セミナーDVDの販売戦略」がタップリ注ぎ込まれています。


お問い合わせはこのフォームからお気軽にどうぞ

LINE公式アカウントからのお問い合わせも承ります。

社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)