なんでもかんでも転送上司とどうでもいいことCC部下、共通点は?

私自身は今は一人で働いていますので無縁ですが、世の中にはこういう上司や部下に困っている人がいるみたいです。

詳しくはそれぞれの記事を読んでいただく事をオススメします。何でもかんでも部下にメールを転送してくる(しかも何のためにそのメールを転送しているのかの説明がない!)上司というのは接しにくいものだろうと想像できます。

そのメールの内容に沿って自分が何か行動しないといけないのか、それとも単に目を通しておけばいいのか、いちいち全部読んでから判断しないといけないのですから。

しかも、その判断が正しかったかどうかは、判断が間違っていて怒られた時に初めて分かるという有り様。

逆に、しょうもない内容のメールまでCC(返事は期待しないが文面に目を通しておいてほしいという場合に使います)で送ってくる部下も難儀です。

「こいつはどうでもいい内容のメールを毎回CCで送ってくる奴だ」

と思ったら、もうこの人からのCCメールはゴミ箱直行になることが予想できます。

どちらの場合でも、転送なりCCなりで知らせておけば良いだろうという安直さや、とりあえず送っておくから後はそちらの責任で判断してくれという責任逃れの気持ちが透けて見えます。

自分で判断しないで相手に全部判断させるというのは実に楽です。

しかし、そんな事ばかりしていると「こいつはダメだ」と見限られてしまいます。責任を取らない人が尊敬されることなど有り得ません。

それに、自分の判断力や決断力が衰えてしまいます。
ちょっとした事でも考えるクセというのは必要ですね。

他人のアドバイスを聞く場合も同じで、上手くいったら相手のおかげ、失敗したら自己責任。そのくらいに思っておくのが無難です。

2010年5月29日ネットのルール・常識

Posted by 新谷貴司