カイロ・整体について | 東陽療整院:●私の「靭帯理論(仮説)」 その1

  1. 整体・カイロなび|地元の整体とカイロプラクティックを紹介
  2. カイロ・整体について | 東陽療整院
  3. ●私の「靭帯理論(仮説)」 その1

「手甲(てっこう)・脚半(きゃはん)・・・」には、古来の日本人の智慧が凝縮されたものだと、理解できた経緯から...

=手甲・脚半・褌(腰巻)・鉢巻=
=忘れられた日本人の智慧に学ぶ=

1.【手甲】=手から(手指~前腕骨間)=

◆文責:東洋療整院 高倉利幸

「手甲(てっこう)」と、言っても、「それ、なんですか?」という応えが返ってくる時代です。
しかし、「手甲・脚半・・・」には、古来の日本人の智慧が凝縮されたものだと、理解できた経緯から進めましょう。

私が、治療界に入って、・・・当時は"反射療法(二点療法)"を主体に施術をしていた頃の話です。

平成何年でしたでしょうか?月日だけは鮮明に覚えています。
11月17日・・・40歳の女性(主婦)が左肩の"病め疼き痛"を訴えて来院しました。 追突事故を受け、以来、左肩の自覚症が出てきたそうで・・・整形外科での検査では「異常ありません!」と、いうことで、やむなく、私の元へ。

最初、身体中に筋肉的緊張・シコリなどの異常があって、反射療法(二点療法)にて、施術していきました。
彼女はかなり辛かったと見えて、毎日通院してきました。
ところが、3日も繰り返すと、全身の緊張はなくなり、左腕から肩にかけての異常のみになりました。

5日目頃には、施術が終わると、何事もなかったようにスッキリした状態で帰るのですが・・・・
一晩寝ると・・・・左肩の"病め疼き痛"が戻るのです。
とに角、11月は、日曜日もなく毎日通ってきました。しかし・・"一晩寝ると戻る"・・を繰り返します。

12月に入ってからも一日置きに通ってきますので・・・「もう1度精密検査を受けてみては・・・」と、整形外科的検査を薦めたのですが・・・1回目と同様「異常なし」と、言われたとの事。

医者には見放され、ご主人にも理解してもらえず、加害者は冷たいと・・来院されては泣かれる始末。
≪何とかしてあげたい!しかし、何でだろう?・・・施術すると、痛みも消えてなくなるのに?≫
私も、毎日、暇さえあれば、解剖図との"にらめっこ"・・≪原因は何だろう?どこから・・何故戻る?≫と。

毎日、毎日、解剖図との"にらめっこ"を続けていた時、12月30日のことです。
『人体解剖骨格図』を見ていた時、前腕骨間に描かれた、"前腕骨間膜(靭帯)"が目に飛び込んできました。
そして、ようやく一瞬にして理解できたのです。
その時、日本人の智慧である『手甲(てっこう)』の意味も!!

●私の「靭帯理論(仮説)」 その1-2に続く


.

.
.
.

※当ホームページの情報を利用する事で生じる利益および不利益に関して、一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。