WindowsXPのサポートが終了しても安全・快適に使い続けられる?

いよいよあと2ヶ月(4月8日)で、MicrosoftがWindowsXPの
サポートを完全に終了します。

しかし、まだ使えるXPからWindows8に乗り換えるなんて嫌だ、
という方も少なくないようです。

となると出てくるのがこういう本。

・Windows XPを安全・快適に使い続けるための本 (2014年4月8日
マイクロソフト公式サポート終了!)
www.localnavi.biz/item/4865091246/

本当に安全・快適に使い続けられるのか? と思ったので、一通り
読んでみました。

書いてある内容をザッと箇条書きにすると、

・サポート終了までにWindowsXPのサービスパックを全部適用しろ
・サポート終了までにOffice2003のサービスパックも全部適用しろ
・ブラウザはIE8をダウンロードしておけ
・というか、Google Chromeを使え
・メールはGmailを使え
・WindowsXPに対応し続けてくれるセキュリティソフトを使え
・状況が許すなら再起動で設定を初期化するソフトを入れておけ

こんな感じです。
確かに上記の対策をやらないよりはやった方が安全度は高いです。

しかし、複雑すぎて弱点が根絶できないソフトをメーカーサポート
なしで使い続けること自体をオススメできません。

言ってみれば「泥棒に入っても絶対に警察が来ない家」にずっと
住み続けるみたいなものです。

4月9日以降にどんな弱点が見付かってもマイクロソフトは対策を
しないのですから、悪党がそこを突いてくるに決まっています。

ご自身のクレジットカードやネットバンキングの情報を盗まれる
可能性のほかに、次のようなことが起こり得ます。

・よそのコンピュータを攻撃するための中継点にされる
・遠隔操作でよそのコンピュータを攻撃させられる
・メールなどで友人知人やお客様にウイルスを配布される

こういう被害はWindows8.1にアップグレードしても起こり得ますが、
メーカーが弱点を塞いでくれるかくれないかで、被害を防げる
確率が大きく変わってきます。

ロシアンルーレットをさせられるとして「弾が1発だけ入っている
拳銃と5発入っている拳銃のどっちを選ぶか」みたいなものです。

さらにいえば、WindowsXPをサポートしないソフトが増える事は
あっても減る事はありません。

上記の本で勧められているGoogle Chromeだって、WindowsXPは
サポートしないよと、いつ言い出すか分からないのです。

実際、グーグル傘下のYoutubeはサポートし切れないということで
古いブラウザで見られなくしてしまいました。

この際、Windows8.1を搭載したパソコンに買い換えられるか、
いっそ安価なタブレットPCに買い換える事をオススメします。

そして、Windows8.1の見た目はWindowsXPとは似ても似つかぬ
代物ですので、こういうソフトを使うと幸せになれます。

・Windows8の見た目をXPっぽくするソフト・BACK to XP FOR 8
www.localnavi.biz/item/B00FMUYQQW/
 
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
たとえば、動画やゲームなどに重宝されるフラッシュプレーヤーは、
けっこう頻繁に弱点が見付かってアップデートを求められます。

※また見付かったので下記ページで最新版を手に入れてください。
get.adobe.com/jp/flashplayer/

こういう「見付かった穴を塞ぐ作業」は大事ですが手間ひま費用が
かかりますので、古いソフトは切り捨てられるのです。

2014年2月7日オススメの本・ソフトなど

Posted by 新谷貴司