省庁もテレビも知らないSSL化の本当の目的

…煽り系タイトルをつけてみました。
7月24日にGoogle Chromeが新しくなって、
http://で始まるページのアドレス欄には
【保護されていません】
という警告が出るようになりました。
そのせいで、経済産業省のホームページにも
警告が出ているというニュースです。
・経産省HP保護されず? 最新版クロームに警告表示

Google Chromeで経済産業省のホームページを
見ると、確かに【保護されていません】。

そして、上記のニュースを見てツッコミ所に
気付いてしまった人たちがいます。
・報じるニュースサイトが非対応の例も?
 ChromeのHTTP警告で、非対応サイトが
続々と槍玉に

テレビ朝日のホームページも、確かに
【保護されていません】。
上記ニュースを載せているインターネット
ウォッチは、さすがにIT系ニュースサイト
だけあって自社サイトのSSL化は済んでます。
これらのニュースを見て、
> 公開情報しか掲載していない官公庁や
> マスコミがなんでSSL化で通信を暗号化
> しないといけないんだ?
という疑問の声もあるようです。
なぜなんでしょうか?
誰を警戒しないといけないんでしょうか?
・答え:
 フリーWiFiなどによる「情報の改ざん」
フリーWi-Fiを使ってホームページを見る
時のデータの流れはこうです。
 スマホ
  ↓↑
 フリーWi-Fiのアクセスポイント
  ↓↑
 あちこちのサーバー
  ↓↑
 ホームページを設置しているサーバー
ホームページがSSL化されていれば、途中で
改ざんされる心配はありません。
しかしSSL化されていない場合、悪意のある
フリーWi-Fiがホームページを改ざんして、
・勝手に広告を表示させる
・偽サイトに誘導する
などすることもできます。
また、格安SIMでネット接続している場合は、
「通信の最適化」と称して、動画や画像の
品質を「勝手に」落として通信量を削ると
いうことが起こっています。
・mineoが通信の最適化を始めたのでMVNO
14社21枚のSIMで通信の最適化がされて
いるか試してみた

これも、ホームページにSSLを導入して
暗号化してしまえば、プロバイダーが
通信の最適化を勝手にできなくなります。
※暗号化されていて、流れているデータが
何なのかが分からなくなるため。
> 口座番号やカード番号、ログイン情報など
> 重要な情報を送信することがないから、
> うちはSSL化しなくていいだろう。
という方、ご自身のホームページを見ようと
いう人たちに安心を用意しましょう。
・常時SSL化代行サービス
www.localnavi.biz/knowhow/ssl.html
 
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
SSL化にかける時間がない方、手順がよく
分からない方、ご用命ください。


お問い合わせはこのフォームからお気軽にどうぞ

LINE公式アカウントからのお問い合わせも承ります。

社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

ホームページ

Posted by 新谷貴司