●サービスのレベルを下げずに楽をする方法はないか?

当「地元密着なび」にご登録いただいているK先生から
次のようなメールを昨日いただきました。

> 時代の流れでしょうか、HPやブログ、患者さんとの予約
> にメールを使ったりもしていて多少のデジタル化はして
> ますが、治療の現場は、一人ひとりの不調や病に至る経
> 緯から遡って元の健康を取り戻す、手間の掛かる至極ア
> ナログ的な治療をしている為に、日に診れる数に限りが
> あります。
>
> 現状から見て、新谷さんの提案される手法を積極的に取
> り入れて、患者数がアップした場合(確実にアップする
> 筈)治療の質や私の健康(もう既に下降ぎみ)に歪が生
> じるのは目に見えています。
>
> 新谷さんが、折角送信しているメールに反応出来なくて
> 申し訳ないのです。

ご丁寧にメールをお寄せいただきありがとうございます。
さて、当会では以下のような色々なノウハウやサービス
を提供しております。
 
 
ホームページてこ入れメールセミナー
※すでにホームページがある方向け
1日でホームページを作ってしまう講習会(東京/大阪)
※ホームページがない方(初心者)向け
・1日でホームページを作るマニュアル&サポート
※ホームページがない方(中級者)向け
・広告費をドブに捨てないためのノウハウ基礎の基礎
※チラシや電話帳などの広告で元が取れない方向け
1日マンツーマン出張講義
※朝から晩まで私をこき使いたい方向け
 
ごらんの通りですが、ほとんどのサービスやノウハウは
お客様を増やすためのものです。件のK先生がお書きく
ださったように、積極的に取り入れて実践していただけ
れば、必ず成果が上がるものと自負しております。
ですから、これ以上お客様を増やしたらサービスのレベ
ルが維持できない、身が持たないという方にはオススメ
できません。満腹で腹がはち切れそうな方にご馳走を振
る舞べきではないのと同じです。
こういう方に必要なのは、満腹ではち切れそうな胃袋を
何とかするための「胃薬」です。
普段の仕事の量と仕事の時間を何とかして削らないとい
けません。それができないまま激務が続けば、いずれは
過労で倒れてしまいますから。
そのために思い付く対策はいくつかあります。
1.業務の一部を他人に任せる。
 たとえば帳簿付けなどの業務は「記帳代行」で検索す
れば、数千円でやってくれる事務所がいくらでも見付け
られます。
 また、誰でもできるけど誰かがしないといけない雑務
があるはずですから、バイトを雇うかご家族に頼むかし
てやってもらえないでしょうか?
2.業務の一部を自動化・機械化する。
 お客様の管理を全部紙の帳面でやっているとしたら、
それはものすごい時間と手間をムダに喰っていることに
なります。
お客様などのデータを管理するのはパソコンの得意技で
すから、ぜひともデータベースを利用されるべきです。
紙のデータをパソコンに全部取り込むのと、データベー
スソフトの扱いに慣れるまでが多少の手間ですが、そこ
をクリアすれば、二度と手放せなくなります。
メールの送信などはとことんまで自動化できます。たと
えば上記の「ホームページてこ入れメールセミナー」で
は2日に1通のペースで課題をメールで送ります。
これをいちいち手動でやっていたら、送り忘れや二重送
信などのポカを1週間以内にかます自信があります。
こういうのは自動で送信してくれるソフトにお任せする
のが安全確実です。
ただし、個別のご質問への回答はさすがに完全には自動
化できませんが、過去の回答メールの文面を使い回す事
はできます(同じ質問が過去にあれば、ですが)。
※長くなったので次回に続きます。
 
 
 
 
 
 
◆シンプルすぎる要約◆
楽をしても問題がない部分で楽をしておかないと、本業
に差し障りが出かねません。考えてみてください。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)

2008年6月18日商売の考え方

Posted by 新谷貴司