持続化補助金・次の締切は2020年10月2日(金)です

会社やお店の新規集客や売上アップ施策などを、国の補助金を使って行える持続化補助金の次の締切が10月2日(金)(郵送で当日必着)に迫っています。

今回締切が迫っている持続化補助金には、通常型とコロナ特別対応型の2つがあります。

両者の違いなどについては、以前のメルマガ記事で詳しく説明しています。

通常型の持続化補助金は次回もありますが、コロナ特別対応型の持続化補助金は今回が最終募集となります。

こちらは、通常型と違って

2020年2月18日以降であれば、申請前に発注・支払されたものでも申請可能

という大きなメリットがあります。

補助金申請の際には、対象事業の作業内容と費用を記した見積書の提出も求められます。

当会では、「見積が間に合わなかった」ということのないよう、ご依頼いただいた当日または翌日には、見積書のPDFファイルをお送りしております。

そして、補助金の申請書を書いた後には、地元商工会や商工会議所での添削が必須です。

※商工会議所・商工会の会員でなくても、添削は受けられます。

その場で修正して提出、というわけには行きませんので、締切日までにある程度の余裕を持って申請書を作成してください。

その上で、地元の商工会や商工会議所で添削していただくのが良いでしょう。

 

当会では、補助金を使いたい方からご依頼をいただいた場合、見積書や作業完了書などの書類も、必要に応じてご用意しております。

まずは、どんなホームページを作りたいかなど、ご相談ください。

その他にも、ホームページ完成後の運用面で不安を解消されたい方は、下記のサポートセットもございます。

こちらはHP制作・リニューアルに、

  • メールサポート1年分
  • Googleマップ対策
  • 遠隔コンサルティング(Zoom使用)またはHPてこ入れメールセミナー

がセットになっております。

元々、メールセミナーはセットに入れておりませんでしたが、初めてホームページを
作られる方から、

ホームページてこ入れメールセミナーも追加で申し込みたい

というご要望をいただきました。

この方のほかにも、ホームページを作った後にSEOやコンテンツ強化などを学びたい方がいらっしゃるかもしれないと思い、

  • Zoomでのコンサルティング
  • HPてこ入れメールセミナー

のどちらかをお選びいただけるようにいたしました。

ホームページ集客について学んでおきたい、という方にはメールセミナーをオススメいたします。

メールセミナーの内容などについては、下記ページで詳しく説明していますので、興味がある方はご一読ください。

ホームページは「制作業者が納品したら完成。あとは立て看板のように何年もそのまま使い続けられる」というものではありません。

完成後も、新しい情報を追加したり、古い情報を修正・削除したり、より良い表現に書き改めたりし続けるものです。

何年も更新されていないホームページでは、「今もここは営業しているのだろうか?」という不安すら抱かせてしまいます。

ホームページをご覧になった方が、

  • 知識と経験が豊富だ
  • この人なら信頼できる
  • しっかり話を聞いてくれそう
  • 私の悩みを解決できるかも

と思えるような血の通ったホームページを作りませんか? 当会が全力でサポートいたします。


社名・屋号
社名・屋号ふりがな
ご氏名 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
ホームページURL
お問い合わせ内容 (必須) 当会へのご登録について
当会のご登録内容の変更・削除
取材・原稿執筆のご依頼
取扱ノウハウ・サービスについて
それ以外について
お問い合わせ詳細 (必須)